2019年12月3日のドル円分析|ISM製造業指数が予想より悪く、リスクオフの動き

昨日のISM製造業景況指数が予想より悪く、リスクオフの動きとなりました。

それに加えてロス米商務長官が中国との貿易交渉で合意なければ追加関税を示唆するとのことで、更にリスクオフとなっています。

それでは本日のドル円相場分析です。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!
↓↓↓

現在の重要ポイント

  1. ドル円は下落の可能性にも注意。上昇すれば110円を目指す可能性。

スポンサーリンク

ドル円のチャート分析

週足チャートから

週足では、現状上昇の可能性が出ていると見ています。

114円なども目指して上がっていくのも時間の問題かもしれません。

日足チャートでは上昇の可能性

日足では、上昇と見ています。

こんなにすんなりと昨日見ていた109円のポイントに来ると思ってなかったのでちょっとびっくりですが、
重要なサポートにタッチしてきています。

上昇と見ているので、ここから買いは検討していきたいところですが週末の雇用統計もあり、もう少し様子を見て入りやすいところで入っていきたいと思います。

もし109円辺りを下回ると下落が進む可能性もあるので注意です。

4時間足チャートでは買い待ち

4時間足では、今のところ買い待ちとして見ています。

日足でも書いた通りですが、基本的に上昇と見ており、買い検討していきたい状況ではあります。

109.20辺りがレジスタンスとして機能するかもというところなので、越えてからの押し目買いなど、状況を見てから考えていきたいです。

仮に下落して下に抜ければ、大きく下落するかもしれませんので注意したいです。

良ければツイートで記事をシェアお願いします。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です