2018.6.19|ドル円・ユーロ円相場解説

トランプ米大統領が2000億ドルの対中追加関税を警告したことに対し、中国側は強硬な対抗措置を取る可能性を示唆しており、これにより両国の貿易戦争を懸念したリスク回避の円買いが強まっています。

2000億ドルは相当な金額になり、これを本当に実施するのかどうかという疑問もあります。

もし実施されるとなれば更なる円高となるかもしれません。

それでは本日の相場解説です。
本日はドル円とユーロ円を見ていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

2018.6.19 相場解説動画

現在の重要ポイント

  1. ドル円は112円台にしっかり乗せてくるか、下落して109円台を割るかが分かれ目
  2. ユーロ円は124円辺りまで下落の可能性

ドル円のチャート分析

日足チャートから

109円辺りを節目とみており、そこを下に抜けてくると下落の可能性も出てくるのではと見ています。

動画の中では週足も触れましたが、112円手前がレジスタンスとしては強くそこを越えてくると強めの上昇となるのではですが、現状では下落の可能性も考えておきたいです。

他のクロス円が下落方向に動いているので、全体的な円高の可能性も考慮しておきたい相場です。

もし109円を割ってきたらまずは107円近辺までの下落は見ていけるのではと考えていますので、状況を見てそこまでの売りを考えていきたいです。

今の段階では109円より上に位置しているので買いで考えられる状況でもあります。

もしレンジを作れば上昇の可能性もまだ見えてくるのでどちらの可能性も考えておきたいと思います。

4時間足では下落の可能性

次に4時間足チャートです。

4時間足では昨日も少し見ていましたが、高値更新をしてはいるんですが切り上げの角度が緩いので下落の可能性も浮上しているという風に見ていました。

そして現状では下落の流れとなっています。

ここまで一気にとは思っていませんでしたが、112円辺りの週足レジスタンスが強いのでそこを越えられない限りは下落の可能性は常にある状態です。

今のところはかなり強い下落となっているので、このまま下げとは見ておらずいったん戻りを作ってからパターンを見て売りたいと思っています。

下落の目標はまず109円辺りを見ておきたいです。

1時間足では戻り待ち

1時間足チャートです。

1時間足ではどう見ても下落の強い相場になっています。

このまま下げる想定では見ていませんので、いったん戻ってからの売りを狙いたいと4時間足のところでも書いた通りです。

これだけ急激にボラティリティが発生すると相当トレンドが強くない限りはこのまま下落ということはなかなかないので、今は売りで飛び乗らず戻ってからいいパターンが出れば仕掛けていきたいと思います。

戻りのめどとしては黄色の横線を引いた辺りで、110円前半、110円辺り、109円後半をポイントとして見ています。

今エントリーしてもストップ幅が大きくなるので待ちたいです。

ユーロ円のチャート分析

日足チャートから

日足では白線を引いた高値があるところが重要ポイントで、これを上に越えてくると上昇の勢いが高まってくると見れます。

反対に、これより下にあるとダウントレンドと見れる状況になり、現状では下落方向の可能性として相場を見ていきたいと思います。

124円や123円辺りまでの下落の可能性もあるので、チャンスがあれば積極的に狙うのも面白いかもしれません。

4時間足でダウントレンドの可能性

次に4時間足チャートです。

4時間足ではダブルトップのようになってネックラインを抜けた後、黄色丸のところでレンジを作ってから下落方向に向かっています。

日足ではダウントレンドのゾーンにあるので、より小さい時間足でもダウントレンドとなれば基本売りの状況になってきます。

ですので、4時間足でも売り狙いで見ていきたいです。

ちゃんと下落となった場合は下の白線辺りを狙ってくるのではと見ていますので、それなりの値幅は狙えるとみています。

ただ、気になっているのは動画の中では言いましたが、黄色丸のレンジ戻りが38.2まで戻っていないので安値更新して下げても戻ってくる可能性もあります。

それも気にしつつリスク調整してトレードできればいいと思います。

1時間足では戻りを待って売りたい

次に1時間足チャートです。

1時間足では急落しているような状況ですので、このままトレンドが強ければ下がっていってしまうかもしれませんが、いったん戻りを待ってから仕掛けていきたいと考えています。

図で書いているイメージですが、直近のレンジは下に抜けて急落したので戻りを待ってトレードできるような形が出来たらトレードしていきたいです。

こんな感じのきれいなチャートを描くかどうかはわかりませんので、よさそうな状況があれば仕掛けていきたいですが、得意なパターンであればしっかりリスクをとって、そうでなければリスク低めで仕掛けていくのがいいかもしれません。

他のクロス円も円高傾向にあるとみていますが、直近の急落はいったん戻しを作る可能性もあるので慌てず狙っていきましょう。

そのまま下がったら仕方ないので見送るのがベターです。

今日の心しておきたいこと

どんなものでも間違ったら修正をすることが必要です。

その間違いがよく起こる間違いなのか、それとも時々ある間違いなのかでも変わってきます。

どちらにしてもその間違いを修正できればいいのですが、まず力を入れたいのは常にある間違い。

そしてそれが常にあるのかどうかは、記録していかないとわかりません。

記録することでどんな間違いを自分が犯しているのか確認して、その間違いを理解しましょう。

間違いが自分でわかっていなければ修正の仕様がないですから。

まとめ

ドル円109円を維持できれば上昇継続の可能性。

重要ポイント
  1. 他のクロス円も下落気味なので一緒に下がる可能性も。109円台を割ると下落の可能性。

ユーロ円は130円前半を節目として上昇、下落に分かれる。現状は下落。

重要ポイント
  1. 基本的に下落相場。1,4時間足で売れるパターンが出れば売っていきたい。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です