2018.7.19|ドル円・ドルフラン・ビットコイン・リップル相場解説

米中貿易問題を巡る双方の応酬や、予想を下回る米経済指標を受けて調整地合いとなった前日の海外時間の流れを引き継いで始まったものの、下落は限定的でした。

ドル円を含めてクロス円全体的に調整色が強まっていて、目先はやや下落の可能性が見られるものの、買い遅れている実需企業の買いが見込まれているため底堅く、112円台で下値は支えられそうとの見方もあります。

テクニカル的にも長期間のレジスタンスを抜けたことからこのまま上昇となるかもしれません。

それでは本日の相場解説です。
本日はドル円とビットコインを見ていきます。
※ドルフランとリップルは動画の方でご覧ください。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

【FX】2018.7.19 ドル円、ドルフラン相場解説動画

【暗号通貨】2018.7.19 ビットコイン、リップル相場解説動画

現在の重要ポイント

  1. 早ければ今週中にはドル円114円台まで上昇の可能性。
  2. ビットコインは85万円辺りを更に越えられるかどうか。

ドル円のチャート分析

日足チャートから

ドル円 USDJPY

日足ではレンジを上に越えて上昇中の相場となっています。

下落調整があれば買いたい局面ですが、下落調整が果たしてあるのかどうか今の段階では何とも言えません。

大きな時間足でアップトレンドに入っていると見えますので、目先は114円台、更には118円台までの上昇も考えられます。

今後も上昇が続きそうな相場で、長期間のレジスタンスを抜けてきたところなのであまり調整がないまま114円台まで上がっていってしまうかもしれません。

もし下がって来たら画像のような場面で買いを検討したいです。

4時間足チャートでは調整があるか

ドル円 USDJPY

4時間足では、上昇、下落、どちらもあってもおかしくない場面ではあります。

メインは上昇で希望は下落と見ています。

日足でも書きましたが、これだけ長期間効いてきたレジスタンスを越えてきましたのでそう簡単に下落していい買い場を作るということはないのではと考えています。

下がれば買いたい場面ですので、ちょっと下落となればすぐに買い注文が入ってきてあまり下がらない相場になるかもしれません。

それであれば、時間足を落としていい買い場を探すしかないので、チャンスがあればエントリーを狙っていきたいと思います。

1時間足ではレンジブレイクで買い検討

ドル円 USDJPY

1時間足では、基本上昇相場として見ています。

朝の時点では高値から一旦下げてレンジを作り、更に下落方向に向かうような動きをしていましたが、そんなに安値更新してないところから復活してきています。

前のレンジの高値辺りまで戻っているのでこのまま上昇していくかもしれません。

前の高値を越えれば安値更新したのに高値更新してきたということで、大きな時間足のトレンドである上昇の勢いが強いと考えられます。

なので、レンジブレイクからの買い検討もいいのではと見ています。

調整があればしっかり買いたいですが、このまま114円台を目指していくかもしれません。

ビットコインのチャート分析

日足ではレンジ継続の可能性

ビットコイン BTCJPY

日足では、大きな流れは去年12月の220万円の最高値から下落してレンジ継続中の相場となっています。

レンジ下限の60万円台から上昇して現在85万円辺りまで上がっており、このまま上昇があればもしかしたら去年の高値に迫るようなトレンドが出てくるかもしれません。

今のところはまだレンジの中と見れるところで、85万円辺りは週足で重要なレジスタンスになるかもしれないところですので、ダウントレンドになるかどうかは別として一旦下落となるのではと見ています。

4時間足では下落の可能性

ビットコイン BTCJPY

4時間足では、直近の上昇が強く85万円辺りまで到達してきました。

逆ヘッドアンドショルダーとなっていた重要なレジスタンスを越えてきたので、強く上昇して一気に昇って行った感じです。

これだけ強く上がってしまうと、このまま更に上昇と考えるのは基本的に厳しいのと、週足レジスタンスがある可能性のポイントなので下落が想定されます。

もしここを越えて来たら次は100万円台、更には120万円台も見えてきますが、一旦は下落して75万円辺りで落ち着くのではないかと見ています。

そこまでの売りを検討したいと見ています。

1時間足では売りの形待ち

ビットコイン BTCJPY

1時間足では、4時間足で見た通りの下落方向で見ていることと、週足レジスタンスがある可能性のところなので売りで考えたいです。

相場の値動きが4時間足よりしっかり見えてくるので、チャンスがあれば形を見て売りでエントリーを検討したいです。

今の段階ですぐエントリーできる状況ではありませんが、例えば一旦高値更新してダイバージェンスが出たら売り検討や、下がっていくときにダウの切り下げがしっかり見えたら売りで入っていくなど、いいパターンがあればというところです。

大きな下落は今のところは想定しておらず、75万円辺りを目標に見ています。

更にそこも下回るようだと大きなレンジが下に崩れる可能性が出てくるので注意したいです。

今日の心しておきたいこと

トレードをやっている全人口の中で、過去検証をしていない人がかなり多いと考えています。

すごく王道なパターンであっても、しっかり検証してどれくらい期待値が持てるのかわかれば自信をもってやっていけますが、誰もが知らないような凄く勝てるパターンでもちょっとした負けでこれはダメなんじゃないかとなってメンタルが崩れ、ルールを変えてしまうということが起こります。

トレードはメンタルが凄く大事ですが、そのメンタルを保つためにやることはトレードで自信を持つために過去検証などの行動をすることです。

どれだけ鉄の心を持っていても負けたら崩れますし、逆に崩れなければ資金が真っすぐ減るだけです。

過去検証は一生やるものでもないので、勝ちたいならやっておくべきです。

まとめ

ドル円は引き続き114円台まで上昇の可能性。

重要ポイント
  1. レジスタンスを越えており、114円台まで上がる可能性を目先は見たい。

ビットコインは75万円辺りまで下落の可能性。

重要ポイント
  1. 急上昇してターゲットに到達したのでここからは75万円辺りまで下落の可能性。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です