2018.7.2|ドル円・ユーロ円相場解説

ドル・円相場が変わらずレンジが続いていて伸び悩んでいます。

欧州政治不安の緩和などからドル買い・円売りとなった前週末の流れを引き継ぎ、一時約6週間ぶりに1ドル=111円台を回復しましたが、米中貿易摩擦への懸念が根強く残り、結局は上値が抑えられる展開となっています。

貿易摩擦の懸念がある限りは上昇も下落もしづらい展開が続くかもしれません。

それでは本日の相場解説です。
本日はドル円とユーロ円を見ていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

2018.7.2 相場解説動画

現在の重要ポイント

  1. ドル円レジスタンスのある今の辺りからは短期下落の可能性。
  2. ユーロ円は現状ではまだ下落の可能性。

ドル円のチャート分析

日足チャートから


日足では現在もレンジが続く相場となっています。

このレンジが解消されるのはまだ時間がかかるかもしれませんが、レンジが続けば続くほどその力が貯められて上昇するにしても下落するにしてもだいぶ強く動き出すかもしれません。

もしそのまま上に越えてきても高値更新してすぐに落とされる可能性があるので、レンジが続けば高値更新でそのまま上昇の可能性が高くなるのではと見ています。

仮に下がったとするならば107円台までならまだ上昇の可能性はありますが、その辺りを下回ると100円を目指して下がっていく可能性が高まってきます。

現状ではレンジである限りは上昇の可能性の方が高く、114円台を目指しての上昇をメインシナリオとして検討しています。

4時間足ではレンジ上限の可能性


4時間足では日足で見たレンジの上限辺りに来ている可能性があり、この辺りから下落が進む可能性があります。

ただ下落といっても短期的な下落で検討していて、大きく下がる想定では見ていません。

そのため下がっても109.30辺りが最大の下げ幅と見ていて、そこまで下がれば今度は買い場となる可能性も出てきます。

ひとまず目先はこれ以上の上昇は厳しいのではと見ていて、形状次第ではありますが売りを検討したいと考えています。

他のクロス円も下げるようならよりドル円の下げの可能性も高まると考えられます。

1時間足では売りの形待ち


1時間足ではダウの切り替わりを待ちたいと見ています。

割と奇麗に上昇が続いている相場となっているので、これが下落に転じる動きが出れば売りを検討していきたいです。

今の段階ではまだ高値安値が切り上がっている状態ですが、4時間足でレンジ上限に来ている可能性と強く高値更新して下げていることから目先の天井を作っている可能性を感じています。

あとは直近安値を下回ってから戻って来たら売りを検討して、その後に売りの形が出来ればエントリーをしていきたいという想定です。

まずは安値更新をするのに早くて今日中で、戻ってから形が出来るのに早くて明日と見ていますのでまだ時間はかかると見ています。

他のクロス円も売りの形状が出来るようなら売りを検討して見ておきたいと思います。

ユーロ円のチャート分析

週足チャートから


週足では緑のMAがレジスタンスとなっています。

週足では上昇時からMAがサポレジとして機能しているので、このまま重要なサポレジとして見ていきたいと考えています。

ですので、MAに抑えられている現状では売りの方が強くまだ下げ相場の可能性として見ており、124円から123円辺りまでの下落を想定しています。

日足の重要ポイントより上か下か


日足では週足と同じく下落方向と見ており、重要なポイントとしては黄色の水平線がある位置より上か下かで見ています。

上に位置していたら上昇の可能性が出てきますが、現在は下にあるので売りで見ておきたい相場です。

このまま真っすぐ下がるかどうかは微妙なところではありますが、短期的な売りは検討できるのではと見ているので、より小さい時間足を見て売り場を探していきたいと考えています。

週足でもダウンなので基本下落となれば大きく下がる可能性を考えてはいますが、ドル円が下がらなければユーロ円の強い下げは厳しいかもしれませんので、短期的な売りで見ておいた方がいいかもしれません。

4時間足では目先はダウンか


4時間足では一旦下落の形を作ってレンジブレイクから下げたものの、一気に巻き返してきました。

4時間足だけ見ると下げがあるのかどうか疑わしいところではありますが、週足のレジスタンスが機能していると見るとまだ下落目線で見ておきたい相場です。

レンジを上に越えたところではあるのですぐ売れる状態ではないですが、ここから下落のダウを形成してくるようなら売りを考えられるかなと見ていますので、そこまで形を待ちたいです。

ドル円も下げの状況を作ってくるかもしれないと見ていますので、短期売りであれば成立するのかなと見ています。

中長期の売りは現段階では怪しいところなのであくまで短期で、ドル円、ユーロドルがはっきり動き出してから中長期の方向性を改めて考えていきたいです。

今日の心しておきたいこと

相場には常にプロのトレーダーがいて、あなたの資金を奪おうと画策しています。

相場というのは本当にうまく出来ていると思いますが、本能に従ってトレードしても勝てないように出来ているので、いかにあなたも勝てる側になるかです。

そのためにはプロトレーダーの考え方と、負けるトレーダーの考え方がわかるといいですが、プロトレーダーの考え方を学ぶのは難しいので、まずは負けているトレーダーがどうやって負けているかを知るといいです。

どうやって知るかはあなた自身の負けている経験から学べるのですぐわかります。

そしてそれを止めればいいということです。

何を止めるかは記録しないとわからないので、必ず記録を付けていきましょう。

そうするとあなたの悪い癖が見えてきます。

まとめ

ドル円はレンジ上限から下落の可能性があり、最大109.30が目途。

重要ポイント
  1. これ以上、上がれば上昇の可能性が出てきますが、現段階では短期売りを考えたいと見ています。

ユーロ円は短期下落の可能性。

重要ポイント
  1. 週足レジスタンスを越えずに頭を押さえらる形、短期下落を見ておきたいです。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です