2018.9.4|ドルカナダ・ビットコイン|対中関税や新興国経済の不安等から膠着状態が続く可能性

新興国市場の景気がいよいよ悪化となってくると、景気不安の心理的要因から全体的な株安などに反映される可能性がありますが、今のところそこまで至っていません。

米中貿易摩擦の問題等もあり、対中関税からドル高の動きが出るかもしれませんが、不安要因などが打ち消し、それらの動向がはっきりするまでは動きがあまりないままの相場が続くかもしれません。

このまま膠着状態が続く可能性があります。

それでは本日の相場解説です。

本日はドルカナダとビットコインを見ていきます。
※ドル円とリップルは動画をご参考にしてください。

スポンサーリンク

【FX】2018.9.4 ドル円、ドルカナダ相場解説動画

【暗号通貨】2018.9.4 ビットコイン、リップル相場解説動画

現在の重要ポイント

  1. ドルカナダは短期下落か。
  2. ビットコインはレンジ上限まで上昇か。

ドルカナダのチャート分析

週足チャートから

ドルカナダ USDCAD

週足では、下から伸びてくるトレンドラインが相場を支えています。

これに支えられる限りは上昇継続で見ておきたい相場です。

一度下に割っていますが、その後すぐに上昇してヒゲだけ残しているという状況なので、こういう場合はヒゲとは反対方向に動くことがよくあるので上昇メインで見ています。

大きくは1.38辺りを狙うような上昇になっていくかもしれません。

日足チャートではレジスタンスに当たっている可能性

ドルカナダ USDCAD

日足では、上から伸びてくるトレンドラインがあり、これが上値を抑える可能性があります。

しっかり越えてくれば上昇継続となっていくかもしれませんが、一度下落調整が入ってからでなければ上昇継続していくのは厳しいかもと見ています。

なので短期下落の中期上昇の可能性で見ており、時間足を落として売りを狙えそうなところがあれば売りエントリーも狙っていきたいと思います。

1時間足チャートでは売りのパターン待ち

ドルカナダ USDCAD

1時間足では、現状ダウ理論でアップトレンドが続いている相場ですが、これが崩れたら売りエントリーを検討できるのではと見ています。

ダブルトップっぽい動きをしているのでネックラインを下に割れたら検討していきたいですが、まだ上昇して高値更新する可能性もあるので、焦らずチャンスを待ちたいです。

ただ、上でも書いた通りメインの流れは上昇で見ているため、売りは短期で終わらせたいと思います。

ビットコインのチャート分析

週足チャートではレンジ継続の可能性

BTCJPY ビットコイン

週足では、ディセンディングトライアングルが続いている状況です。

ディセンディングトライアングルはチャートパターンの1種で、基本的に下に抜けていく可能性のあるパターンです。
チャートパターンとは|2種類のパターンとトレードで勝てる使い方

60万円台の安値を下落方向に抜けた場合、30万円台がターゲットになると見ており、そこまで売りを狙っていきたいと思います。

上昇方向に抜ける可能性もあり、94万円辺りの高値を越えればまた大きな上昇相場がやってくるかもしれません。

日足チャートはレンジ上限を目指す可能性

ビットコイン BTCJPY

日足では、週足で引いたトレンドラインの上限に向かっている可能性があります。

ここまで上がってしまうと、次下がったときにレンジを抜けるような下落になるのは難しいと見ており、まだしばらくレンジが続くかもしれません。

レンジ上限まで行くとレンジ下限まで到達するのに売りの力を使い果たしてしまうためですが、レンジ真ん中くらいからトレンドが出来ていくとレンジをブレイクする力があるので、レンジブレイクする可能性があります。

そのため現状ではレンジ継続の可能性で見ています。

4時間足チャートは短期上昇の可能性

ビットコイン BTCJPY

4時間足では、アップトレンド中の相場です。

レンジ上限までもう少しあるのでまだ上昇があるのではと見ていますが、わかりやすいパターンが特に出ていないので基本見送りになるかなと見ています。

レンジ上限に到達後に下がる可能性があるので、そこでいいパターンがあれば狙っていきたいと思います。

今日の心しておきたいこと

エッジを作ると精神的に安定します。

エッジとは強みのことで、こういうパターンが出たらこうなるなどのチャートパターンなどの一般的なものとは違う、もう少し高度な状況のことです。

レンジブレイクするときにこういうのが出ればとか、トレンド中にこういう状態が出ればなど人によって違いがあります。

エッジは大体の場合が損小利大でしかも勝率も悪くないので、これが出来るとトレードが楽になります。

このエッジを作るためには、ローソク足の動きからトレーダーの心理を考えることです。

ここでこういう動きをしたのは、どういう心理が働いているのか?など考えていくと段々見つかっていきます。

エッジを見つけるまでは諦めずにトレードをやり続けてみましょう。

まとめ

ドルカナダは短期下落、中期上昇の可能性。

重要ポイント
  1. 短期的な下落でわかりやすい形が出たら狙っていきたい。1.305辺りまでは最低限下がる可能性。

ビットコインは短期上昇の可能性。

重要ポイント
  1. レンジ上限まで上昇の可能性だが、そこからの売り待ちでもいい。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です