ロング・ショートとは|知っておきたいトレードの基礎用語

ロング・ショートとパッと聞いてもFXにどう関連するのか、最初は分からないと思います。

ここで、ロング・ショートとそれに関連する言葉について解説していきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

ロング・ショートとは

ロングとは何なのか?

まずロングですが、ロングは一般的には「長い」などの意味になりますがFXでいうロングはロングポジション、買い玉を持っているということを意味します。

買いにも新規の買い注文と決済の買い注文がありますが、ここでは新規の買い注文のことを指していいます。

インターバンク市場で使われていた専門用語が一般にも浸透して使われていますが、なぜロングと言うかといいますと売り持ちの時間に比べて買い持ちの時間が長いことからロングと呼ばれるようになったと言われています。

このようなことからロングと言い、一般的にもロングという言葉が浸透して使われるようになりました。

ショートとは何なのか?

ロングを読んでいただいたら大体想像がつくかもしれませんが、ショートとはショートポジション、売り玉を持っている状態を意味しています。

直訳すると「短い」という意味になりますが、FXでは上記のとおりです。

買い玉に対して売り玉の方が保有期間が短いことからショートと呼ばれるようになったと言われています。

売りも新規の空売り注文と、決済の売り注文がありますが、ショートというと新規の空売り注文のことを指していいます。

ブルとベアという言葉は?

ブルとベアという言葉もよく使われますが、ブルは牛が角を使ってカチ上げることを想定してロングのことを別称でブルと言います。

ベアは熊が前足を使って上から下に強く振り下ろすことを想定して、ショートのことをベアと言います。

単にブル=ロング、ベア=ショートと覚えようとするとわかりづらいですが、ブルは牛がカチ上げる姿からロング、ベアは熊が前足を振り下ろす姿からショート、とイメージすると覚えやすいと思います。

BidとAskについて

Bidとは売値、Askとは買値のことになります。

新規の注文、決済の注文であっても、その値段で売れる、その値段で買えるということになります。

BuyやSellとも表示されていることもあり、そのFX業者によって表示が異なり、よくBuyとBidを間違える人が多くBuyは買い、Bidは売りで反対の取引をしてしまうことになるので注意して注文をするようにしましょう。

合わせて読んでおきたい記事

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です