2018.11.2|ドル円・キウイドル|本日の米国雇用統計が好調なら12月の米利上げ観測高まり、リスクオンとなるか

今日の注目は米国雇用統計です。

雇用者数の伸びも予想されていますが、平均時給の伸びも高い数値で予想されており、雇用と平均時給が上がれば消費が促されます。

それにより起こり得るインフレを抑えるために金利を上げるという動きに繋がるので、12月の米金利は利上げ予定でいいのではと想定されています。

それを受けてか先ほどリスクオンの買いが入りましたが、今日の米国雇用統計を受けてどう動くか注目したいです。

それでは本日の相場解説です。
本日はドル円とキウイドルを見ていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

今日は1分足まで落としてドル円買いをやりました。
夜23時ごろに動画配信しますので、ぜひ以下メルマガご登録してトレードのご参考にして下さい。
トレード大学メルマガ登録はこちら

また昨日はカナダ円トレードの動画配信を23時ごろ行いましたが、
届いていない方は迷惑メールの方もご確認ください。

スポンサーリンク

【FX】2018.11.2 ドル円、キウイドル相場解説動画

現在の重要ポイント

  1. ドル円は上昇の可能性。114円台中盤の高値を超えれば118円台が目標。
  2. キウイドルは短期上昇の可能性。0.68中盤が目標。

ドル円のチャート分析

週足チャートから

USDJPY ドル円

週足では、基本上昇の可能性で変わらず見ています。

今日は21:30に米国雇用統計があるので、その数値次第で大きくどちらかに触れる可能性がありますが、
基本的には12月の利上げに支障のない数値が出るのではないかと思われます。

そうなると114円台中盤の高値を超える上昇もそのうちあるのではと見ています。

もし111円台後半の安値を下抜けてくるようなら108円台までの下落も想定したいです。

日足チャートではダブルボトムから上昇

ドル円 USDJPY

日足では、昨日見ていた通り、上昇基調で見ています。

昨日の4時間足で一旦調整があってから買いを検討してもいいかもと見ていましたが、そのような状況から上昇となっています。

このまま上昇が続くかは定かではありませんが、基本的に上昇相場と見て買い目線で相場を見ています。

ダブルボトムを下に割れてくることがあれば売りの相場として切り替えたいですね。

1時間足チャートでは状況待ち

ドル円 USDJPY

1時間足では、昼過ぎに強く上昇しました。

かなり勢いが強いので一旦戻る可能性があります。

もし画像のように戻って来たら、押し目買いを狙いたいと思いますが、
そのまま下落方向に行ってしまうようなら様子見。

またそのまま上昇となっても様子見です。

条件が整っても米国雇用統計もあるので、
よほどいい状況でなければ無理なポジションサイズは避けてトレードしていきましょう。

キウイドルのチャート分析

週足チャートから

キウイドル NZDUSD

週足では、ヘッドアンドショルダーから下落したところで少し反発しています。

短期的な上昇があるのではと見ていますので、目先は買い目線で見ています。

ただ今日の米国雇用統計で一気にドル買いが進む可能性もあるので、そうなったら売りの方向で見ていく展開となるかもしれません。

日足チャートでは下落の流れがいったん終了

キウイドル NZDUSD

日足では、ダウントレンドの流れが一旦終わる可能性があります。

高値安値を切り下げていた相場でしたが、黄色線で引いたように前回高値まで上昇しています。

普通トレンドが続くなら切り下げますが、そうなっていないので売りが弱く買いが強くなっている可能性があります。

上昇目標としては0.68中盤を見ていますが、すぐ買える相場ではないので時間足を落として状況を待ちたいです。

4時間足チャートでは戻り待ち

キウイドル NZDUSD

4時間足では、かなり急騰しています。

ここから一旦下落調整が入るのではと見ています。

週足で見た通りの上昇があるのではと見ていますので、基本下がれば押し目買いで考えています。

狙いどころしては大体過去高値がある付近を見ていますので、画像の辺りとなります。

想定のような感じにならなければ様子見です。

今日の心しておきたいこと

物事の根本を抑えるのは重要なことです。

僕はローソク足を基本に相場を見ていますが、その理由はシンプルで、
「実際にお金が入った動きを一番表したものだから」
です。

インディケーターを重視してみると、お金の動きというのが読み取れないですし、
ローソク足の動きを平均化させた後追いになるので、
どうしても反応が遅れます。

その分ローソク足は混乱させられることも多いですが、自分の中に
お金の動きを反映させたもの
という確たる根拠があるので、何気なくインディケーターを使ってトレードをしている人にはない
腑に落ちたトレードが出来ています。

原理原則があって相場も動いているので、適当にこれ使えばいい
という何かのコピーでは自分の芯に落ちないので、
負けた時にすぐ崩れてしまいます。

自分のトレードにはその根拠があるのか?

突き詰めてみましょう。

LINE@でもトレードの考え方を配信しています。
勝っているトレーダーの考え方は結果に早く導いてくれるのでぜひご登録ください。

友だち追加

まとめ

ドル円は現状は上昇の可能性。上昇すればまず114円台中盤、更には118円台が目標。

重要ポイント
  1. 111円台後半を抜けてダマシを作ったが、それをきっかけに上昇中。米国雇用統計に注意したいが基本は買いで考えたい。

キウイドルは短期買いの可能性、上がれば0.68台中盤が目標。

重要ポイント
  1. 下落から上昇に転じる可能性あり。戻ってから上昇していく際に時間足落としてタイミングを待ちたい。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です