FXで負ける原因は何か|9割のトレーダーが負けていると言われる理由

9割のトレーダーがトレードでは勝てないといわれています。

その原因は何でしょうか?

原因は人によって多種多様で色々ありますが、そのうちの1つをピックアップしてお伝えしていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!
↓↓↓

スポンサーリンク

【FX】トレードで9割の負ける人が負け続ける理由

FXで勝てない明確な原因とは

過程を知ろうとしない


トレードは勝っている人のやり方を真似するというので、最初の入り口としては問題ありません。

難しいので真似をしないと全然見当違いのことをやってしまうと思いますからそれでいいんですが、
ずっと真似だけでは勝てません。

そのルールの過程がわからないと再現性が低くなるので、動画でも言った通りカンニングをしているだけになります。

試験の最中に頭のいい人のテストをカンニングして回答すると、その時はいい結果が出ます。

けれど、ずっとカンニングできるわけではないので、カンニングしていないときは当然点数下がります。

それと同じようなことで、
多くの人がカンニングしている状態だということです。

カンニングしている状態とは

ではカンニングしている状態とはどういうことを言うでしょうか?

一言でいうと何かに依存している状態です。

・誰かが作った自動売買に頼る
・サイン配信やコピトレに頼る
・人のルールに頼る

ずっと続くものは基本ないので、勝ち逃げできるならいいですが、
ほとんどの場合勝ち逃げできません。

何せ依存しているので辞め時がわかりません。

そしてこの状態で負けたら、その情報やツールを提供してくれた人に文句を言う
という流れです。

あり得ないですが、
例えば今までずっと頭のいい人の回答をカンニングしていたけど、
急にその人が頭悪くなってテストの点が落ちた

みたいなことです。

テストのカンニングは点数が落ちるだけで終わりますけど、
トレードのカンニングは1度の失敗が致命傷になることも多々あります。

過程を知ること


とにかく結果を求めている人が多いので、
結果が出れば過程は何でもいい

という感じになります。

なので、あれやこれやと手を出しますが、
手を出した結果

その情報やツールの過程がわからないので、何が悪いのかわかりません。

こういうことって至る所で起きていることだと思います。

特に多いと思われるのが、言われるがまま仕事をしている場合ですね。

検証作業であったんですが、
僕が提示したルールを伝えて、

「こことここに数字を入力しておいてください」

と言ったら確かにその通りやっていましたが、入力する日の数値がずれていたんです。

例えば昨日の終値を入れなければいけないのに、今日の終値入れてたとかですね。

でもそれを不思議と思わずに、今日の終値を入力するという作業をその方はずっとやり続けていました。

なぜ昨日の終値でなければいけないかというと、
ざっくり書くと、
昨日の終値を見て今日トレードするかどうかを決める

というルールだったんです。

それを今日の終値を入れてたので、
今日の終値を見て、今日のトレードをしようか考える
みたいなあり得ないことになります。

なぜこういうことが起こるかというと、
ルールを伝えたにもかかわらず、その人がルールをちゃんと把握してなかったからそうなった
ということです。

考えたらわかることですから。

過程を把握できていないとそういうことが良く起きているように思いますね。

そうすると、結果に繋がる過程が出来上がらないし、無駄に時間を使うことになります。

勝っている人と負けている人の違い

これは色々ありますが、

そのうちの一つとして動画でも言いましたが、

勝っている人は勝っている理由があって勝っていますが、負けている人はなぜ自分が負けているのかわかっていません。

これは前の話にも繋がりますが、過程がわからないからです。

過程を把握してないと失敗した原因がわからないので、修正のしようがありません。

前の例で、今日の終値を入力することに疑問がないので、無理です。

トレードでも負けている人はこういうことが起こっている可能性があります。

ダウ理論とサポレジでトレードをする

という一般的なルールで勝っている人と負けている人と差が出てきます。

その差は、トレンドとサポレジが有効に判断できる使い方を分かっているかどうかです。

なぜダウ理論を使うのか?
なぜサポレジはそれを見て判断するのか?

そういう自分が使っているルールの落とし込みが必要ということですね。

道具があれば何でもいい
というプロスポーツ選手はいません。

おもちゃ屋で売っているバットで試合に出るプロ野球選手はいないということです。

まとめ


落とし込みが必要です。

落とし込みが出来てなければ、道具の良さが活きてこないので、
おもちゃ屋のバットでも違いが大してないことになります。

そのためにはなぜMAを使っているのか?
MAはどういう要素で出来ているのか?
それがなぜトレンド判断として使えるのか?

なぜ?
を考えて本質を突き詰めていくと過程が出来上がるので、負けた原因も見えてきます。

時間はかかりますが、これを常に考えてみるとハッと気づいて変わるタイミングがあります。

そうなるとまた一段トレードの結果が変わることでしょう。

合わせて読んでおきたい記事

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です