【FX】ヘッドアンドショルダー(三尊)の正しい見方とトレード戦略

ヘッドアンドショルダーについての深堀り記事になります。

僕がトレードで勝てるようになったのはこのヘッドアンドショルダーからなんですが、どれか1つを深掘りすると他のものについての深掘りの仕方も分かってきます。

深掘りすると何がいいかというと、使い方がハッキリと見えてくるので、迷わなくなるし勝てるところで使えることですね。

なので、ぜひ以下記事をご参考にしてください。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!
 ↓↓↓

スポンサーリンク

【動画】【FX】ヘッドアンドショルダー(三尊)の正しい見方とトレード戦略

ヘッドアンドショルダーの正しい見方と使い方

ヘッドアンドショルダーについてご質問いただきました


僕の好きなパターンがヘッドアンドショルダーということで、以前ブログや動画でも書いたことがありますが、
それからだと思いますが以下のようなご質問をいただきました。

そんなわけでヘッドアンドショルダーについて書いていきます。

まず上でも書いた通り、僕はヘッドアンドショルダーが好きなんですが、
その理由としてはヘッドアンドショルダーで勝てるようになったからです。

もう13年くらい前になりますが、当時は結構値動きも大きくて仮想通貨ほどとはいきませんが、今よりトレードはしやすかったのかなと思います。

ただ、すぐにトレードで勝てるようになったわけではなくて、やはり大負けしてから何とかしないとということで試行錯誤したんですが、
ヘッドアンドショルダーにした理由としては、
天底に近いところからトレードできるからです。

それまでトレンドフォローでトレードをしていて、相場環境をあまり取り入れずに高値安値ブレイクでエントリーをしていましたが、天井や底を掴んで負けていました。

なので、反転してからならトレンドが続くだろうと考えたということですね。

ただし頻度はかなり少なくて、1時間足以上で1ヶ月に2回とかくらいしかトレードがなかった記憶があります。

それでも勝ちやすいヘッドアンドショルダーを選ぶことでちゃんと勝てるようになっていったんですね。

ヘッドアンドショルダーの特徴

ヘッドアンドショルダーは反転のチャートパターンです。

基本的に相場の天井や底の反転のタイミングで出ると威力を発揮するもので、そういう相場を選んで使うべきですが、
トレンドが継続する状況でも出たりします。

そういう場合のヘッドアンドショルダーも僕は好きで、要するにチャートパターンはレンジの1種なので、相場環境に沿っていれば反転でも継続でも勝てます。

なので、相場の状況にあった奇麗なヘッドアンドショルダーが出れば勝てるんですね。

例えばこちら、そんなにきれいな形状のものではないですが、相場の反転しそうな状況で出ているヘッドアンドショルダーです。

反転しそうな状況というのは、
・大きい時間足のサポレジがある
・相場が強く落ち込んでいる

という状況です。

こういう時に出るといいですね。

こちらは継続時に出ているヘッドアンドショルダーです。

途中までフラッグを作りかけるイメージで薄く右肩上がりの相場になりますが、高値が切り下がってヘッドアンドショルダーを形成してくる感じです。

こういう状況のものでもレンジがヘッドアンドショルダーになったというもので、下に抜けると奇麗にトレンドが出ます。

ヘッドアンドショルダーのルール

ヘッドアンドショルダーを見る際に僕なりのルールがあります。

なぜルールを設けているかというと、再現性を持たせるためですね。

感覚的だと微妙なときに判断が付かないというのがあったりするので、そういうのが出来るだけないようにするため可能な限りルールを決めています。

反転のルール

反転の場合のルールは、
・大きなフィボナッチの23.6辺りにネックラインがある
・右肩がフィボナッチの38.2までの戻りがある

まず大きなフィボナッチの23.6辺りにネックラインがあるということですが、画像の感じで、トレンドの始まりからヘッドアンドショルダーの終わりにフィボナッチを引いた際にネックラインが23.6にあることです。

大体トレンド転換すると38.2までは戻るので、相場分析力がなくてもそこまで狙っていけます。

そうするとヘッドアンドショルダーのネックラインが38.2以上まで来ているとトレンドが続いていかない可能性があるため、そういうルールにしています。

右肩がフィボナッチの38.2までの戻りがあることについてですが、この画像の場合だと38.2は赤丸のラインになります。

そのため、38.2以上の戻りを付けているのでOKということですが、
これを38.2まで届いてなくてもいいとしてしまうと、
何でもよくなってしまうからです。

そのため、この2つのルールは絶対で後は感覚的ですが、ヘッドアンドショルダーの形が奇麗なことですね。

継続のルール

継続の場合のルールは
・サポレジ転換していること
・右肩がフィボナッチの38.2までの戻りがある

この2つになります。

38.2までの戻りは反転の際に書いた通りで、サポレジ転換については以下の画像のとおりです。

前回のレンジ安値と、ヘッドアンドショルダーのレンジ高値が重なっているという状態です。

過去記事でもサポレジ転換があるとトレンドが継続しやすいと書きましたが、詳細は以下記事です。

サポレジ転換についての記事

FXでトレンドが継続するときの特徴とは|あまり重要視されないトレンド継続の特徴

2018.11.10

この条件が整っているときに継続の場合もOKとしてトレードをしています。

まとめ


ヘッドアンドショルダーについて書いてきましたが、チャートパターンは非常に有効ですが、
やはり相場の環境が整っていないと、いくらチャートパターンが奇麗でも勝てません。

なので、相場環境は必ず重視して、それに準じてトレードをするということを行っていきましょう。

そうすれば、そこから派生してチャートパターンにこだわらなくても勝てるようになっていきます。

合わせて読んでおきたい記事

サポレジ転換についての記事

FXでトレンドが継続するときの特徴とは|あまり重要視されないトレンド継続の特徴

2018.11.10

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018.11.17

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018.10.02

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です