【FX】スワップポイントとスワップ投資で破産するケースとは

FXにはスワップポイントという、ポジションを保有していると毎日金利が付くシステムがあります。

これを利用して過去にセミリタイアを目指した人たちが多くいましたが、今は一切聞きません。

個人的にスワップ投資は反対派ですがなぜ反対なのか、そしてスワップ投資によってお金を失うパターンを紹介していきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

【動画】【FX超入門】スワップポイントとスワップ投資で破産するケースとは

スワップ投資は破産することが考えられる

スワップポイントとは


まずスワップポイントというものを知らない方もいるかもしれませんので解説しておきますと、スワップ金利ともよく言われます。

スワップとは「交換する」という意味になりますが、FXにおいては二国間の金利差のことを差していて、
例えばドル円を買うということはドルを買って円を売ることになります。

そのため、ドルを保有するということはアメリカの金利を得られるんですが、円を売ることによって日本の金利を支払うということになります。

アメリカの金利が2.5%で日本の金利が0.1%だとした場合に、
2.5%-0.1%=2.4%

この2.4%の金利が手に入るということになります。

このような感じで、金利の高い国の通貨を買って、金利の低い国の通貨を売ると、FXトレードをした際にその日のうちにポジションを決済しなければ金利が発生します。

ただし、金利が低い国の通貨を買って、金利の高い国の通貨を売ると逆に金利を支払わなければいけない・・・
ということになるので注意です。

ただし、僕はこのスワップ金利を得るという投資の仕方は推奨しません。

それについて解説していきます。

スワップ投資はメリットがない

なぜスワップ金利を得る投資、スワップ投資を推奨しないかというと、為替差益の方が圧倒的に大きいからです。

FXをやるということはレバレッジを掛けてトレードをするということになります。

ゆっくり何年もポジションを寝かせるという投資は本来FXではありません。

手数料は証券会社などに比べて圧倒的に低いので、レバレッジを掛けずにスワップ投資が出来るのであればいいですが、ほとんどの場合それが出来ないと思います。

なぜならFXをやる理由は、早く資金を増やしたいからです。

つまりそもそもの目的と違ってくるので、FXでスワップ投資をする人もレバレッジを掛けたがります。

仮にレバレッジを掛けた場合、レバレッジ5倍でスワップ投資をすれば現物保有の状態より5倍多く金利をもらえるし、手数料もかなり安いのでメリットはあります。

ただ、レバレッジを掛けるということは為替差益が重くのしかかる可能性があり、利益がずっと出ている状態なら問題ないですが、損失の方に進んだ場合に資金を無くす可能性が出てきます。

そのため、スワップ投資で利益を得ようとしたら為替差益で資金が無くなって元も子もない・・・
ということが起こり得ます。

絶対にないということが絶対にない


過去にFX会社に所属していた時に、豪ドルを使った投資信託を扱っていました。

一口200万円からで、レバレッジがかかった商品ですが預けっぱなしで、はっきり覚えていませんが月5万とかもらえるみたいなものでした。

2005年当時は全面的に円安相場で、所属していた会社の社長も「最後の円安だ!」と言ってとにかく買いを推奨していました。

実際にその年は年末まで上がって、その投資信託に突っ込んでいた相場のことが何も分からない人はウハウハで喜んでいたのを覚えています。

しかし、それがずっと続くわけもなくサブプライムショックの前兆となる下落が来た時に会社が吹っ飛びました。

なぜ吹っ飛んだかというと、お客さんから預かった資金をおそらく社長が運用していて上がっていた時は良かったんですが、下がった途端に全部無くなったからです。

所属していたFX会社の倒産についてはこちら

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|④FX会社の倒産

2018年10月17日

当時は会社の資金とお客さんから預かった資金は分けて管理する、分別保管というのをするようにと国から言われていましたが、お客さんから預かった資金を管理する人は社内の経理の人でも問題ないという抜け穴ありまくりの状態でした。

そのため、会社の資金とお客さんから預かった資金を一緒にして運用していたんだと思われます。

その時はドル円が100円に行くなんてことはないと巷で言われていましたし、豪ドルも80円まで下がることはないと言われていましたが、
サブプライムショックによりドル円は78円まで下落、豪ドルは55円まで下げました。

未来のことが分からない限り、レバレッジを掛けてポジションを保有するということは資金を失うリスクがあると思った方がいいです。

まとめ


以上のことからスワップ投資はリスクが高いということですが、途中で撤退したらいいのでは?
と思われる方もいると思います。

しかし、そもそもスワップ投資はずっとポジションを保有することが前提なので、為替差益は一切気にしないというものになります。

為替差益で利益が出たから途中で決済したら、そもそもの目的が変わってきますし、またいいところでポジションを保有したらいいやと言う人が多いですが、そんな都合よく出来るなら為替差益で利益を上げた方がいいです。

現物保有しない限り、スワップ投資はお勧めできませんし、それだと結局魅力があまりないのでやる意味がないのではと思います。

合わせて読んでおきたい記事

所属していたFX会社の倒産についてはこちら

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|④FX会社の倒産

2018年10月17日

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です