FXトレードが上達する5つのステップ

こんにちは。ささっちこと笹田です。

FXやトレードは「どうやって上達すればいいのか?」というステップが分かりにくいという話をよく聞きます。

「何を勉強すればいいのか・・・」なども含めて、どういったステップを踏めば勝てるトレーダーになれるのかイメージしにくいのだと思います。

ザックリであれば分かると思いますが、そこが具体的に見えてこないから成長している気がしない・・・という感じなのかな~と想像しています。

そこで今回は「トレードが上達する5つのステップ」をお伝えします。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

トレードが上達する5つのステップ

1.基本を”原理”から学ぶ


・ローソク足とは何なのか?
・ダウ理論とはどういう理論なのか?
・サポレジはなぜ出来るのか?

こういった「基本中の基本」と言われる事ってトレードの世界には多数ありますが、まずはそういった「基礎」をしっかり学ぶ事からです。

個人的には「お堅い系の書籍」とかはとっかかりにはもってこいだと思っていまして、基礎中の基礎を理解するにはそういった書籍を2~3冊読めば、解釈の違いも含めて全体的なイメージが見えてくると思います。

ここができれば「トレードとは何なのか?」という解釈を、自分の中で自分なりの答えで持てるようになります。

この点をすっ飛ばして、理論や理屈を理解せずに「トレード手法」に頼ってしまうと、大抵の場合「大失敗」する事になるので、失敗を避ける為にも面倒でも基礎からしっかり学ぶようにしてください。

これが第一歩目のステップなので。

2.見えている景色を合わせる

ここは説明が非常に難しいのですが、要はプロトレーダーと初心者の方とでは、全く同じチャートを見ても「見えているモノ」が全く違うので、それを同じ状態に持っていくという事ですね。

例えば、同じチャート上に見つけられるチャートパターン1つ取っても、初心者の方は「フラッグが出ている」と認識し、プロは「これはフラッグではない」と認識する。

そうなると、初心者の方はエントリーしてしまいますがプロは「待ち」になるので、資金を減らす人とそうではないプロとに分かれるわけですね。

ここの訓練はプロの方とワークを行うのが最も効率的ですが、身近にプロトレーダーがいない人は、お金を払ってでも「景色のすり合わせ」が出来る環境を作るべきだと思います。

それが叶わない場合は、例え遠回りでも長い年月検証を重ねて「自分自身で察する」というところまで行かない事には、なかなか勝てるトレーダーになるというのは難しいです。

ここが出来てないと、どれだけ「優秀な手法」があっても再現力が伴わないので勝てるようになるのは難しいです。

なので大変だとは思いますが、この第二ステップは軽視せずにしっかり身に付けるようにしてください。

3.資金管理を理解する

資金管理というものも軽視されがちな項目ですが、資金管理が出来ているかどうかで「トレード成績」は天と地ほど差の出る項目です。

負けていた人が勝てるようになる事もしばしばあります。
ちょい勝ちだった人が大きく勝てるようになるのはザラにあるほど。

それくらい重要なのが資金管理です。

資金管理のコツを1点に絞って言うのなら「%(パーセント)」です。

言葉を変えるのなら「複利」という考え方ですね。

「何Lotでトレードするか?」
「ロスカットは何pipsにすべきか?」

こういう話は、大抵の場合は資金管理が分かっていないから出てくる話で、資金管理を理解しているとこれらのポイントは機械的に算出できるようになります。

後は裁量を挟まずに資金管理通りにトレードするだけなので、ここはしっかり学んで「実行」してください。

そこまで難しい話ではありませんので。

4.検証する

ここからが本格的な「トレード」という分野になっていきますが、検証する為には「トレードルール」が必要で、通常であれば「どういったルールで検証するか?」という点から考えていきます。

もしそういったルールを持っていない場合は、僕が公開している「スナイプトレード」とかから検証して頂ければそれでOKです。

検証は、どの通貨ペアで行うか?どういった時間足で行うか?など、ご自身の「生活リズム」や「性格」とも相談して決めていきます。

長時間ポジションを保有するのが苦手な人が、日足などの長い時間軸で検証しても実践では使えませんので、そういった点も考慮しましょうという事ですね。

また、トレードルール自体にも「ルールが出来た背景」があるので、それを無視して想定外の時間足で検証してもあまり意味がないので、そこもしっかり把握してから検証するようにしましょう。

検証は「検証ソフト」を使って行うのが一般的で、僕のオススメは「FT4」です。

無料の検証ソフトもあるのですが機能制限で使い物にならないので、コストはかかってもしっかりした環境で検証しましょう。

ある意味で「トレーダーの命」と言えるほど重要なのが検証なので、ここはケチらずに導入すべきです。

5.PDCAサイクルを回し続ける


検証が終われば次は実践です。

検証で優位性が認められたら、実戦で再現できるか?というテストを行うのですが、ここは「小ロット」で実践する事をおススメします。

デモでも大きな資金でもなく「小資金のリアル」で実践するのがベターです。

先に言っておくと、検証でうまくいっても本番ではうまくいかない場合がほとんどです。残念ながら一発でうまくいく事はまずありません。

3ヵ月くらい実践してみてデータを取ると、驚くほど「検証とリアルではデータに差が出る」のが現実です。

検証とリアルでは様々な「違い」が出てくるので、ここを改善していく必要があります。

検証と実践の「違い」をデータにして、負けているトレードの「なぜなのか?」をトレード日記から拾い集めて集計し、負けている理由を潰して「再度検証」を行う。

そしてまた実践してデータ化し、検証と実践の差を潰してまた検証する。

これを繰り返していくのが「PDCAサイクルをまわす」という事ですね。

満足のいく「実践結果」になるのに平気で1~2年とかかかりますから、そこは「そんなもの」だと最初から思っておいてもらう方が良いかと思います。

それくらい「続ける事」が重要です。

■さて質問です。これって「大変」でしょうか?

はい。いかがでしたか?

トレードが上達する5つのステップをお伝えしましたが、こちらをご覧になってどういった印象を受けましたでしょうか?

「まぁ、そりゃそうだよな。これくらいは当たり前に必要ですね!」

恐らくこういった印象を受けた方が大半だとは思いますが、そういう方は何の問題もないのですが、もしかすると一定数、

「思ったより面倒くさそうだな・・・」
「勝てるようになるのにそこまでしなきゃいけないのか・・・」
「勉強やら検証ソフトやら色々とお金もかけなきゃいけないのか・・・」

こういった印象を持たれた方もおられるかも知れません。

もしも「FXは簡単に儲かると思っていた」という方は本当に注意して頂きたいのですが、FXに限らず「お金を稼ぐ」という行為は何をするにも等しく「大変」です。

ただ、今から超がつくほど有名な企業に入社して、更に出世争いに勝利し続けてトップクラスを目指したり、医者や弁護士のような難関を突破して、尚且つその中でも「売れっ子」を目指したり、起業して成功し続けたり、トップアーティストやトップアスリートを目指したりする事と比較するなら・・・

そういう比較なら、今からプロトレーダーを目指す方が「簡単」だと言えます。

ですがそれでも、普通に普通の事をしているだけ・・・
もしくは「普通よりも簡単に」という意識で、他の人より大きな収入を得る事は不可能です。

少なくとも上記に挙げた「5つのステップ」は「当たり前」にこなしてもらうくらいの気持ちは持って頂かないと、FXで勝ち続ける事は出来ません。

つまり「FXが上達する5つのステップ」を実践する為に必要な最初のステップ・・・

「ゼロステップ」とでも言うべき最初の1歩は「マインドセット」なんですね。

0.マインドセット


この「マインドセット」という言葉は結構「嫌われがちな言葉」ですが、それでもこれは言っておかないといけないし、絶対に必要なのでお伝えしないわけにはいきません。

精神論だとか成功哲学っぽいなどと言われようとも、最低限のマインドセットが伴っていない人が安易にFXに手を出して大損するよりは、きちんと伝えるべきことを伝えておく方が良いと思うので話します。

ただし、あれこれ多くの事を語るつもりはありません。

FXにおいて必要なマインドセットとは、基本的には3つの論点だけです。

1.実践者である事
2.当たり前のレベルを高く持つ事
3.自己責任の意味を理解している事

この3つです。

実践者である事は言わずもがなですね。行動しない事には何も始まらないので、「やるべきことをやる」というだけです。勉強しかり検証しかり。

「当たり前のレベルを高く持つ」と言うのは、自分にとっての当たり前と「常勝トレーダーの当たり前」と言うのは基本的には全然違います。

検証は1回やれば十分でしょ!と言うのが負けている人の「当たり前」で、常勝トレーダーの当たり前は「検証は一生やり続ける!」だったりします。

こういう「当たり前の違い」が出た時は、自分の当たり前に押し込めるのではなく勝っている人の当たり前を取り入れるようにしましょうって事ですね。

最後の「自己責任」については、全てにおいて自己責任だと言うことを理解しておく必要があります。

極端な話、夜道で突然通り魔に襲われたとしても、それさえも自己責任だと思えるくらいでないと、あらゆるシーンで「人のせい」にしてしまいます。

他人に責任を押し付けて勝てるようになったトレーダーを僕は1人も知りませんので、本当の意味で「自己責任」というものを理解して取り組むと、成長する速度が段違いに早くなります。

これら3つのポイントはマインドセットの基礎として、絶対に忘れないでほしいと思います。

このマインドセットさえ伴っていれば、トレードが上達する5つのステップも「当たり前」として淡々と進めていけますから、必ずあなたのトレード力は大きく成長しますので、自信を持って取り組んでほしいと思います。

今日はこれで以上ですが、参考になれば幸いです。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です