スプレッドとは|FX業者が儲かる仕組み

FXには必ずつきもののスプレッド。

スプレッドとは一体何か?その意味や特徴について初心者の方がわかるように書いていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

スプレッドとは

スプレッドは何を指すのか?

スプレッドの意味を調べると「広げる」、「延ばす」などの意味になりますが、FXでも「広げる」というのがそれに当てはまってきます。

どういうことかというと、スプレッドは売値と買値の差を表しているんですが、本来であれば価格の差というのは存在しないので100円という価格はどこまでいっても100円です。

ですが、FX業者が収益を得るために売値と買値の差を広げて設定したものをスプレッドと言います。

例えばドル円を売買したとします。

仮に1ドル=100.00(100円)で買ったとしたら、その買った瞬間に売値が1ドル=100.10(100円10銭)であったりします。

よく初心者のトレーダーさんが注文したら損しているみたいなことを言いますが、それはスプレッドが存在していて買った瞬間に売値が高いところにあるので、既に損失を抱えた状態になっているからです。

このスプレッドはFX業者によって差があり、小さいところ、大きいところ様々あります。

スプレッドはFX業者の利益

スプレッドはFX業者の利益になります。

そしてこのスプレッドの差は様々で、そのFX業者の都合で広く設定しているところもあれば顧客を多く獲得するために狭く設定しているところもあります。

広いということはFX業者の利益が大きいということになりますが、顧客の注文が少ないとスプレッドが広くても儲けが薄いので顧客が少ないFX業者ほどスプレッドを広くしないと生き残れません。

逆に顧客数が多いFX業者はスプレッドが狭くて1人当たりの利益が薄利であっても利益が十分とれるので、狭く設定して顧客を獲得しやすい状況を作っています。

当然のことながらスプレッドが狭いほどトレードする側にとっては有利なのでそういうFX業者を選ぶ人が多いですが、気を付けなければいけないのが狭いから必ず有利ということではありません。

スプレッドが狭くても有利ではない?

スプレッドが狭いとどういうことが起こるかというと、顧客はメリットを感じて口座開設や入金をしてトレードをしようという動きが出ます。

そしてFX業者は薄利になるけど、顧客数が多ければ成り立つというのは書いた通りです。

それでしっかりFX業者が利益を上げていればそこに資金を預けたトレーダーや投資家も安心して利用できますが、利益を得られていない状況だと倒産するリスクなども出てきます。

なので、スプレッドが狭いからと言ってそこに資金を預ける人もいますが、そういうリスクがあることを知っておかなければいけません。

キャンペーンなどで期間限定でスプレッド0(ゼロ)というのもあり、期間限定であれば問題ないですが明らかに顧客数が少ないFX業者がスプレッドを狭くして顧客獲得に乗り出そうというところはちょっと注意が必要かもしれません。

スプレッドは変動する

スプレッドがどういうものかが分かっていただけたと思いますが、そのスプレッドは変動します。

なぜ変動するのでしょうか?

スプレッドが変動する理由は?

FX業者を通して注文するとそれがそのままインターバンク市場に注文されるのではなく、FX業者と提携している銀行等の金融機関からレートを受け取りますが、それをカバーと言って、FX業者をカバーしている銀行を通してインターバンク市場に流されていきます。

FX業者がカバーしている銀行は多いほど有利で、複数のカバー先から都度一番有利なレートを引っ張ってくることができます。

なので、FX業者が受け取るレートも一般的に顧客に提供するレートも安定しますし、狭いスプレッドでレートを提供することが可能です。

ただし、カバー先から受け取る買値と売値のレートは一定ではなく変動することからどうしてもスプレッドも変動してしまいます。

また重要な経済指標の時などはFX業者が注文に対応するのが難しくなるため、スプレッドを広げてなるべく注文を減らそうという意図があります。

このような理由でスプレッドが変動します。

原則固定のスプレッドはなぜ提供できるのか?

スプレッドは変動するものですが、固定スプレッドで提供しているFX業者が数多くあります。

なぜスプレッド固定や、しかもインターバンクと同じくらいの狭いスプレッドが提供できるのでしょうか?

トレーダーが損をしている?

インターバンクのスプレッドは0.3pips程度と言われていて大手FX業者の固定スプレッドもこれくらいで提供しているところがあります。

となると収益源がないということになって、そのFX業者は大丈夫なのか?と心配になってしまいますが、実はそのFX業者に資金を預けている顧客が損失を被ることで利益を得ています。

例えば10の買い注文と5の売り注文があったときに、10の買いを欲している顧客に対して5の売りを出したい顧客の注文を流します。

正確には流すというよりは相殺という形になりますが、そうするとFX業者は残りの5の注文に対してカバーすることで成り立ちます。

その5のカバー注文に対しては正しく顧客の注文を受けている状態になるので含み損や含み益が出ますが、残りの10に対してはFX業者は相殺されている状態なので損益が発生しませんが、注文を出した顧客側では損益が発生します。

すると顧客側が利益になればその分をFX業者が持つことになりますが、顧客側が損失を出せばそれはFX業者の利益になるという仕組みです。

なので、顧客が損をすればするほどFX業者が儲かりますし、トレードで勝てるのは1割などと言われるように負けるトレーダーが多いので、FX業者はどうやっても儲かる仕組みになっているのです。

そのためスプレッドは固定でも、極論スプレッドは0(ゼロ)であっても儲かるようになっています。

合わせて読んでおきたい記事

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です