2018.10.05|ドル円・ユーロ円|本日の米雇用統計の結果を見極める姿勢

米国株が下落したことで米ドル高も調整の動きとなっています。

また本日夜の米雇用統計の発表も控えていることから、動きを見極めようという様子見姿勢が広がっています。

ここまでの米経済指標が良い数字を出していたので、
米雇用統計の発表が予想より良い数字なら更に上を目指すでしょうし、予想通りや予想以下なら一旦の調整局面に入るのではと想定しています。

それでは本日の相場解説です。
本日はドル円とユーロ円を見ていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

【FX】2018.10.05 ドル円、ユーロ円相場解説動画

現在の重要ポイント

  1. ドル円は直近は118円台まで上昇の可能性。
  2. ユーロ円は137円台を目指す可能性あり。

ドル円のチャート分析

週足チャートから

ドル円 USDJPY

週足では、目先ターゲットと見ていた114円台中盤に到達しました。

過去何度も止められているところでレジスタンスとして機能して下落へ向かう可能性があります。

ただ大きな流れは上昇継続ですので、もし下落したら基本押し目買いの相場として見ていきたいです。

現状では上昇継続中の短期下落の可能性、
落ちれば112円台がターゲット、更に上がれば118円台を目指す可能性として見ておきたいです。

日足チャートではどこまで調整の可能性があるか

ドル円 USDJPY

日足では、下がった場合にどこまで下がりそうかを見ています。

画像ではフィボナッチリトレースメントを引いていますが下落したら最低38.2の辺り、
もう一段下げたら50.0辺りもターゲットになるのではと想定
しています。

そこまで押して来たら基本押し目買いのいいポイントになると見ていますので、
その後の動きを見て買いで入っていきたいと思います。

もちろん下がるかどうかはその時になってみないとわかりませんし、
もしかしたらもっと下がるかもしれません。

なので、あくまでその時の状況と形を見て選択していきたいです。

4時間足チャートでは上昇するか、下落となるか

USDJPY ドル円

4時間足では、ヘッドアンドショルダーを形成する可能性があります。

ヘッドアンドショルダーを形成してネックラインを割り込めば下落相場となりますが、
もしヘッドアンドショルダーを否定して上がるようなら上昇相場に入っていくと考えられます。

どちらの場合も強烈に動くことが多いので、エントリーできそうならしていきたいですが、
なにせ米雇用統計をきっかけに動き出す可能性があるので、ダマシに合う可能性も高いです。

どちらかというと、利益を取るよりはリスクを避けたいので様子見スタンスになるのかなと見ています。

動いた後にチャンスがあれば入っていきたいと思います。

ユーロ円のチャート分析

週足チャートでは上昇の可能性

ユーロ円 EURJPY

週足では、上昇の可能性で見ています。

強く上がっていくのではと見ており、個人的には137円台をターゲットとしていますが、もっと上も考えられると見ています。

ただ目先はちょっと調整が入る可能性があり、
いい調整があれば押し目買いのチャンスとなるので、そこは逃さずトレードしていきたいです。

大きくは上昇、短期では下落の可能性もある

という感じで見ています。

日足チャートではサポートラインをチェック

ユーロ円 EURJPY

日足では、どこで相場が止まるかを確認しておきたいです。

大きくは上昇と見ているので、下げ止まるポイントを確認して押し目買いを狙っていきたいというイメージです。

2つ主要と見ているサポートラインがあって、

・1つ目は今の131円辺り
・2つ目は129円台

を見ています。

このどちらかが強いサポートになるのではと見ており、
今日の米雇用統計で上昇するようなら131円辺りが主要なサポートとなった
下落するようなら129円台が主要なサポートになる可能性

として見ていきたいです。

4時間足チャートではブレイク待ち

ユーロ円 EURJPY

4時間足では、レンジを形成しているところです。

三角持合いの形になっていて、どちらにブレイクするかでトレンドが決まってくるかもしれません。

状況的には下落が強そうに見ていますが、
今日は米雇用統計もあるので、その発表で大きく動く可能性があり、安易にトレードするのは危険かもしれません。

基本売りで見ていますが、上に抜けたら買い検討で見ています。

下落すれば129円台、上昇すれば134円台がターゲットになるのではと見ています。

今日の心しておきたいこと

なぜチキン利食いをしてしまうのか?

この辺の振り返りはやったらダメ、次気を付けよう

で終わらせると次もやる

人間の習性は強烈でなかなか直らない

直すためにはもっと根本を突き詰めていく必要がある

その振り返りには心理状態を理解するのが一番いい

チキン利食いした後相場がどうなったのか

チキン利食いした時の相場の状況と心理状態はどうだったのか

これをトータルで見ていくと改善方法が見えてくる

まとめ

ドル円は一旦下落調整となるか、下落すれば112円台で上昇すれば118円台の可能性あり。

重要ポイント
  1. 上にブレイクしているので、基本買い検討。下落すればいい押し目買いの可能性。

ユーロ円も上昇と見ていますが、今日の発表で更に上がるか、一旦下がるか見たい。

重要ポイント
  1. 三角持合いを作っているのでブレイクした方向にトレードを検討したい。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です