2018.7.31|ドル円・ポンド円・ビットコイン・リップル相場解説

日本銀行が発表した「強力な金融緩和継続のための枠組み強化」を受けて売り買いが交錯する中、国内長期金利の大幅低下を背景に円売りがやや優勢となりました。

日銀は31日の会合で、長短金利水準を据え置いた上で、長期金利目標について「経済・物価情勢等に応じて上下にある程度変動しうる」ことを賛成7、反対2で決定しました。

2019年10月に予定されている消費税率引き上げの影響も含めた経済・物価の不確実性を踏まえ、「当分の間、現在の極めて低い長短金利の水準を維持することを想定している」とした政策金利の指針も導入することを決めました。

それでは本日の相場解説です。
本日はドル円とビットコインを見ていきます。
※ポンド円とリップルは動画をご参考にしてください。

スポンサーリンク

【FX】2018.7.31 ドル円、ポンド円相場解説動画

【暗号通貨】2018.7.31 ビットコイン、リップル相場解説動画

現在の重要ポイント

  1. ドル円は110円近辺までは下落想定しておきたい。
  2. リップルは目先上昇の可能性があるか。

ドル円のチャート分析

週足チャートから

ドル円 USDJPY

週足では、まだ上がる可能性も下がる可能性も考えられる状況です。

上昇となれば114円台ですし、下落となれば108円辺りが目標と見ています。

本日は日銀政策決定会合があり、金利は据え置きですが、今後の長期金利の変動があり得るということから円高に最初は動きましたが、今後2年間は強力な金融緩和政策を維持するということから円安方向に振れています。

ファンダメンタル的には円安傾向が出ていますが、このまま上昇するようであれば時間足を落とした時に買えるパターンが出てくるのではと思いますので、そのポイントを見て判断していきたいです。

日足チャートでは110円後半のサポートが重要

ドル円 USDJPY

日足では、110円後半のサポートに支えられて上昇しています。

ここを維持できるようなら買い方向で問題ないと見ており、逆に割ってくるようなら売りを検討したいポイントでもあります。

他のクロス円も重要ポイントで支えられているので、直近安値を割るのか維持できるのかでトレンドが決定されるかもしれません。

ドル円であれば110円後半を維持できるならパターンを見て買いで考え、上昇した場合のターゲットは週足で見たポイントを目標にしていきたいと思います。

短期的な上昇で終わって下げてくるかもしれませんので、しっかりパターンを待ちたいと見ています。

4時間足では短期上昇の可能性

ドル円 USDJPY

4時間足では、目先上昇の動きとなっています。

このまま上昇が続くかどうかわかりませんので、無難に行くなら短期買いで相場を見ておきたいと思います。

50%辺りまでの上昇はあるのではないかと見ていますので、ここまでの買いは考えてみておきたいですが、下落が強ければ38.2%でレジスタンスとなって下落もあるかもしれません。

この辺りは動きを見て、上昇してからレンジが出来るようなら買いですし、ダブルトップなどの反転パターンが出たら下げていくかもしれませんので、柔軟に対応できるようにしておきたいです。

ビットコインのチャート分析

週足では上昇の可能性も

ビットコイン BTC

週足では、60万円台がサポートになってレンジを作っていました。

現状もレンジの可能性はありますが、ひとまずは下落の目安と見ていた20SMAを上に越えたので上昇の可能性も出ています。

次のポイントとしては108万円辺りの高値を越えるかどうかで、ここを越えればダウ理論でもアップトレンドが出来てくるので買いで考えていけると見ています。

まだそこを越えるまではレンジ継続からの下落の可能性があるので、そうであれば30万円辺りまで下がる可能性も考えられる状況です。

日足ではレンジ上限の可能性

ビットコイン BTC

日足では、トレンドラインの下限くらいまで上がってきています。

上昇が強ければトレンドラインを関係なく更に上がる可能性もありますが、あまり戻りなく上がっていますのでこの辺りから高値更新しても叩き落される可能性も考えておきたいです。

個人的には更に上がるようであればいいパターンが出たら考えてもいいとは思いますが、基本的なスタンスとしては様子見で考えておきたいと見ています。

4時間足では上昇の可能性がある

ビットコイン BTC

4時間足では、さらに上昇していくには白線の高値を越えることが重要です。

そこを越えてからパターンが出たら買いを考えていきたいですが、ただ強く上がるようならすぐに落とされる可能性もあるので様子見したいです。

もしきれいに落ちてくるようなら売りも検討できるかもしれません。

まだ大きくはレンジが続く可能性があるのでブレイク判断は慎重に見ていきたいです。

今日の心しておきたいこと

最初は機械的なエントリーでも構いません。

環境認識を加えるのはレベルがある程度必要になるので、まずは機械的なエントリーをしてみてその中でどういう状態が良いのかを数をこなしてみていきます。

過去検証とも比べてみて、勝ちやすいパターンなども見ていくといいです。

そうしたときに自分にとってやりやすい、勝ちやすいのはどういうものかが見つかっていきます。

これは数をこなさないと見えてこないので、根気よく諦めずやり続けるしかありません。

必ず数をこなせば成功体験が得られるので、その成功体験はどういう状態で得られたのかを記録します。

それが自分にとってハマるものなら、もうそれでトレードは勝ち組になれるので必ず数をこなす中での成功体験は記録していきましょう。

まとめ

ドル円は110円後半が重要なサポート。

重要ポイント
  1. 110円後半でサポートされれば上昇継続ですが、下に割ってくると下落の可能性も考えられる。

ビットコインは20SMAを越えたことで上昇の可能性もある。

重要ポイント
  1. 基本はレンジスタンスですが、次の108万円の壁を超えればいよいよ上昇の可能性も。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です