【FX】2019年11月10日の週刊相場解説|トランプ大統領の関税撤廃発言否定で、リスクオフの可能性も

トランプ大統領が中国側が発表した関税撤廃を否定したことで、リスクオフの可能性も浮上しています。

関税撤廃で一気にリスクオンの流れも出ていましたが、それがこれからどうなるかと、米中貿易交渉の行方次第でリスクオフの可能性も考えておきたいです。

それでは今週の見通しを見ていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!
↓↓↓

スポンサーリンク

【動画】【FX】2019年11月10日の週刊相場解説|トランプ大統領の関税撤廃発言否定で、リスクオフの可能性も


※動画公開は17時より

現在の重要ポイント

  1. ドル円は上昇の可能性。110円辺りが目標。
  2. ユーロドルは下落の可能性。1.05台が目標。

今週のチャート分析

ドル円チャート

週足

週足では、上昇の可能性と見ています。

逆三尊を形成しているので上昇の可能性がメインで、もしかしたら大きく上がるかもしれません。

ただ下落もまだ警戒しておきたいので、節目割ったら注意したいですね。

日足

日足では、上昇の可能性と見ています。

日足でも逆三尊を形成して110円辺りまでは上がるのではと見ています。

ただウェッジのような形状を形成している可能性もあり、下に抜けると大きく下がるかもしれません。

そこは気を付けておきたいです。

4時間足

4時間足では、押し目買いと見ています。

金曜日につけた109円ちょうど辺りがサポートがある辺りで、そこから上がっていくかもしれません。

上昇が見えれば、途中からでも押し目買い出来るところあれば入っていきたいと見ています。

チャンスあれば買い検討ですね。

ユーロドルチャート

週足

週足では、下落の可能性と見ています。

下落継続で1.05台が目標と見ているので、売り方向で考えておきたいです。

日足

日足では、戻り売り検討で見ています。

ダブルトップを付けてネックラインを下に抜けたので、下落が進む展開と見ています。

なので戻りがあれば入っていきたい場面ですね。

4時間足

4時間足では、下落相場として見ています。

日足と同じイメージですが、戻り売りで見ています。

結構急落している感じでもあるので、どこかで戻りは入ってくると見ていますが、売れる場面でなければ見送るしかないかなというところです。

イメージしているところまで戻って来たら売り検討で考えたいですね。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です