2018.10.25|ドル円・ユーロドル|米中貿易問題の潜在的なリスクが円買いに拍車をかける可能性あり

米中貿易問題の懸念からくる世界経済への不透明感から米国株式市場は大幅な下落となりました。

また、昨日のアメリカの住宅指標にて予想を大きく下回り、リスク回避の円高の動きが強く出来ました。

徐々に相場に不安感が増しているので、円買いの動きが更に出る可能性も想定しておきたいです。

それでは本日の相場解説です。
本日はドル円とユーロドルを見ていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

【FX】2018.10.25 ドル円、ユーロドル相場解説動画

現在の重要ポイント

  1. ドル円は上昇すれば114円台、下落すれば108円台の可能性。
  2. ユーロドルは下落の可能性。1.13辺りが目標。

ドル円のチャート分析

月足チャートから

ドル円 USDJPY

月足では、これまで続いてきたレンジを上にブレイクしています。

基本的にアップトレンドと見ており、買い目線で見ている相場です。

大きくは上昇維持のためには108円辺りまでの下落があっても問題なく、
逆ヘッドアンドショルダーの形を形成して上昇もあり得ます。

そう考えると目先は下落もあるかもしれませんので注意しておきたいです。

日足チャートではサポート維持できるか

ドル円 USDJPY

日足では、トレンドラインと水平線がサポートになっています。

現状ではまだ下に割ったといえる状況ではないので、また上昇方向への動きが出るかもしれません。

今のところはレンジと見て様子見をメインに見たいと思いますが、
明らかな下落の動きが出ればトレード検討したいと見ています。

その場合は4時間足を中心に相場を見ていきたいと思います。

4時間足チャートでは下落の可能性

ドル円 USDJPY

4時間足では、ヘッドアンドショルダーを作っています。

昨日こうなる可能性もあるというのを見ていましたが、大きく下落しました。

ヒゲだけですが、ネックラインを割り込んだのでここからの形状次第では売りを考えていきたいです。

一旦上昇して112円台前半から中盤くらいがレジスタンスになるようなら形を見て売りで考えています。

そうならずに更に上がるようならレンジか上昇の可能性も浮上するので、
あくまでわかりやすい形が出来ればで見ています。

日経やダウが下落の動きが出ているので、それと連動してドル円も更に下げるのかどうか注意して見ておきたいです。

夜にドラギ総裁の会見もあるので、基本様子見になるかと見ています。

ユーロドルのチャート分析

週足チャートから

EURUSD ユーロドル

週足では、1.15の重要ラインを下に割っているため、基本ダウントレンドで見ています。

全体的にドル高傾向なのでまだ強く下がっていくかもしれません。

1.13台にも安値がありますが、もしかしたら更に強く下落していく相場となるかもしれません。

4時間足チャートでは上昇の可能背か?

ユーロドル EURUSD

4時間足では、ヘッドアンドショルダーから下に抜けています。

日足でもヘッドアンドショルダーのような形を形成していましたが、いずれも下に抜けたところなので、
売り方向で素直に見ていいと考えています。

もちろん反発上昇の可能性もありますが、あとは1.14台中盤のサポートとなっていたところまで戻って売りの形が出ればトレード検討したいと思います。

もしそこまで戻らずに下げたら個人的には見送りたいです。

30分足チャートでは下落の可能性

ユーロドル EURUSD

30分足では、形状を見ていきたいです。

週足でトレンド判断
4時間足でもトレンド判断と相場状況のセットアップ確認
30分足でトレードパターンの確認

という使い分けです。

ここで条件が整わなければ見送りとなりますし、整えばトレードをするという淡々とした作業です。

負ける可能性もあるのでリスク管理も考えて、トレードをしていくという流れですね。

条件整えば売りたいと思います。

今日の心しておきたいこと

トレードルールを破りやすい状況があります。

その時はどういう状況なのかを記録していくと、あとで客観的に見れるのでいいですね。

必ず記録しておきたいのが感情面です。

多くの方に見られるのが、無駄なトレードを減らせるとかなりの方が勝てるようになると思いますが、

それを阻害しているのが、感情的なトレードです。

しっかりルールを待ってトレードをすること

それを邪魔しているのは何か?

これを突き詰めてみましょう。

まとめ

ドル円は方向感が出るまで待ちたい。上昇すれば114円台中盤、下落すれば108円台が目標。

重要ポイント
  1. 111円台後半を維持できなければ大きな下落になる可能性があるので、そこが注目ポイント。

ユーロドルは売り目線、まずは1.13台前半の可能性。

重要ポイント
  1. 4時間足ヘッドアンドショルダーを下に抜けたので下落の可能性。戻り売り待ちで見たい。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です