2019年5月10日のドル円分析|米中通商協議が今週中にも合意可能との発言あり

トランプ大統領が対中関税について、今週中にも合意が可能との発言があり、価格が戻しています。

ただ大きな流れは現在下落と見れる状況ですので、買いは短期で見ていきたいですね。

それでは本日のドル円相場分析です。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!
 ↓↓↓

現在の重要ポイント

  1. ドル円は上昇の可能性を基本として114円台中盤が目標、だが下落の可能性も考えておきたい。

スポンサーリンク

ドル円のチャート分析

週足チャートから

週足では、現状は114円台から108円の間でレンジ変わらずです。

このどちらかを抜けてくると大きな動きになってくると見ていますが、まだ時間がかかるかもしれません。

今のところはダウントレンドと見れるので、108円を目指す動きは見ておきたいです。

日足チャートではダウントレンド

日足では、110円後半を下回って強く下落しています。

ほぼ過去の高値安値となる110円辺りまで来ているので、いったんここでは下落が止まりやすいかもしれません。

窓も埋めてないのでそれを埋めに再度上がるのか、それともそのまま下落が進むのか見ておきたいです。

4時間足チャートでは短期上昇か

4時間足では、日足のサポートに支えられて短期上昇の可能性があります。

上昇となるとFIBを引いていますが、38.2までは最低限上がると見ているので、そこまでは狙っていきたいですね。

基本的にダウントレンドなので、上がって111円辺りまでと見ています。

今後また下落の形が整うようなら売りを仕込んでいきたいですね。

それでは良い1日を。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です