sakiチャレンジ vol.4|メンタル不調!?実践するべき克服法とは?

さて、sakiチャレンジ第4回となります。

どんな結果になったでしょうか?
一緒に見ていきましょう!

sakiチャレンジ vol.3はこちら

sakiチャレンジ vol.3|ー8万円からの巻き返し!今週の結果は・・・!?

2019年7月16日

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

【動画】【FX】メンタル不調!?実践するべき克服法とは?【sakiチャレ Vol.4】

sakiチャレンジ4回目公開します

sakiチャレンジの結果

今回は週半ば辺りに
すみません、負けてます・・・

みたいなことを言っていましたので、負けているんだろうなと思っていました(笑

以下これまでの結果です。

収支-91,031円でトータル619,059円となっています。

徐々に僕の資金が削られていますが、そこは気にしていません(笑

この結果を受けて、資金頑張って増やしてくれと言う感じは特にはなく、
それよりも無理なくトレードをしてもらえたらという印象でした。

やはり企画を上手くいかせようとしてのマイナスが出ている状態ですね。

パッと見ただけでも同日のトレード回数がかなり多いので、そこを減らせば特に問題ない状態にはなっていくでしょう。

トレードポイントの解説

ユーロドル1時間足のチャートです。

レンジになっていて、レンジ下限でサポートされているところからの3波を狙ったトレードです。

これは僕も実際にやりましたし、好きなパターンの1つですが、
トレンド転換すると大体3つの波は発生します。

その3つ目の波が発生したところを狙ったトレードになります。

これは結構勝ちやすい環境認識の状態なので、ここを狙ってトレードをしていくといい感じにやっていけると思います。

ぜひご参考にしてください。

sakiさんへのアドバイス

sakiチャレンジは不調な感じではありますが、個人的には幸いなことにsakiさん自身の口座は増えている状態です。

ここで興味深いなと思ったのが、
向き合う対象によって結果が変わってくるというところです。

自分の口座は自分自身に向き合ってのものですが、
他人の口座は自分以外の何かに向き合ってのものなので、
他人の口座ほど、勝たせてやろうと思うのが普通の心情です。

ただ、トレードで勝つためには「勝とう!」と思ったらダメなんですよね。

正しい行動をするから勝つんですが、
勝とうとすると正しい行動が出来ないということです。

目先の利益を確保するのも、損切りを外すのも勝とうとするからやってしまうことですが、
それはルールを守れていないので、
結果負ける方向に行ってしまうということですね。

こういう向き合う対象が変わることで、自分自身の口座も結果が出せなくなってしまうトレーダーも聞いたことがあるので、
そこだけが心配だったというところです。

なので、気にせず負けてもいいのでルール通りにトレードしてみてください。

という感じでお伝えしておきました。

まとめ

sakiチャレンジ4回目は引き続き損失の状態ではありますが、メンタル面が復活して無理せずトレードをしていく今後のsakiさんに期待していきたいと思います。

今後もこういう形で情報発信続けていきますので、ぜひ楽しみにしててください。

合わせて読んでおきたい記事

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

良ければツイートで記事をシェアお願いします。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です