【FXコラボ】投資で1000万円を溶かした?FXで馬さんと対談&リアルトレードの成績公開

笹田喬志:トレード大学学長

馬:FXで馬「専業トレーダー」


笹田喬志(以下笹田):こんにちは、笹田です。

今回はコラボの動画を撮らせていただこうと思って、YouTubeの生配信を拝見させていただいて。

ちょっとこの方とお話できたら面白いかなということで、僕の方からお話を振らせていただいて、OKをいただいたので、今回コラボ実現しました。皆さんに今回の動画をお届けしたいと思います。

では、ちょっと紹介していきたいと思います。それでは馬さん、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

「FXで馬」の由来は?

FXで馬:はい(笑)。一応専業トレーダーの、FXで「馬」という名前でやっています。

笹田:めっちゃインパクトありますね(笑)。

FXで馬:そうですか?

笹田:FXで「馬」というのが、何か…。

FXで馬:そうですね。

笹田:なぜ「馬」なんですか?

FXで馬:元々ね、フェラーリとかも乗っていまして、「跳ね馬」から来ています。

笹田:なるほどです。オシャレですね。

FXで馬:(笑)そうですね、イタリアンな。

笹田:(笑)

Youtube活動について

笹田:「本当に凄いな」と思うのが、YouTubeの生配信をほぼ毎日されていますよね?

FXで馬:そうですね、もう毎日。平日はもう毎日していますね。

笹田:おお…。それはもう、何か目的があってされているという?

FXで馬:まあ、そうですね。やっぱり相場は生き物ですし、できるだけオンタイムで、リアルタイムで、その日その日の為替の状況と、自分の見解ですよね。手法などもそうですけど。あと、ニュースですよね。

笹田:はい。

FXで馬:リアルタイムなニュースとかも、「その時」「その時間」「その日」でないと伝えられない部分もあるので、リアルタイムでね、届ける方が、より皆さんにも、要望にお応えできるんじゃないかな、とは思うんですよね。

笹田:ああ、なるほどですね。実際その場で質問が来て、それにすぐ答えられるという…。

FXで馬:そうですね。

笹田:そういうスタイルの方が皆さんにとって良いんじゃないか、と?

FXで馬:特に、ちょっと発言系とか、突拍子も無い材料系とか、結構多いので、よりね、その時、この先こんな材料が出ましたので、ちょっとさっきまでは上目線でしたけど急に下目線になっちゃったかもしれないので気を付けましょう、とかね。そういうのなんて、やっぱりライブ放送じゃないとなかなかやっぱり伝えられないものなので。まあ、Twitterのつぶやきに近いですけど。

笹田:なるほど。

FXで馬:ちょっとしばらくはまだまだね、ご要望も沢山あるので、ライブ放送はメインでやりたいな、とは思っています。

笹田:なるほど。まあ、そのYouTubeの動画でも見せたりしているじゃないですか、実績というか履歴というか、「今こんなの持っています」みたいな。

FXで馬:はいはい。

笹田:あれが多分、「本口座ではない」というのはちょっとお伺いしているんですけど、それでも「凄く良くされているな」とは思うんですけど。

FXで馬:はい。

笹田:あれはもう最初からですか? 生配信されて、もう1発目から?

FXで馬:いや、最初は出さなかったんですけど、ご要望がやっぱり多いので。で、質問に一々答えるよりも、もう出しておいた方が良いな、と思って出しています。

笹田:なるほどです。

FXで馬:まあIG証券のね、サブ口座の方で取引している方をお見せしている感じですかね。

笹田:うーん。僕も最近Twitterでちょっと、ちょいちょい晒しているというか出しているんですけど。

FXで馬:ああ、そうなんですか。

笹田:そうなんです。Twitterでも「結構しんどいな」というのが僕の中であって。「よくされているな」と。他にもいらっしゃいますけど、出している人。そういうの、慣れですか?

FXで馬:いや、正直ですね、出している側に何のメリットも無いと思うんですよ。

笹田:僕のそう思います。

FXで馬:1個も無いと思うんです。ですけど、まあまあそこは晒せる範囲で、リアルトレードですけど、「アカン時はアカンよ」というのを逆に見せられるかな、と思って。

笹田:あ、なるほどですね。

FXで馬:「専業」=「ずっと勝っている」というイメージもあったりするかもしれないので、「まあこんな感じで負けている時は負けてはんねやな」みたいな。それよりも、「損切りはあっさり本当にされるな」みたいなところを学んで貰ったら逆に良いかな、とは思うんですけどね。

笹田:「本当のところを伝える」みたいな感じですね。

FXで馬:そうです、そうです。

笹田:なるほどです。

FXで馬:だから、リスクとしてあまり取りたくないので、出来るだけ、可能な限り、小ロットでやるようにはしているんですけどね。

笹田:なるほどです。

FXトレードの経歴について

笹田:ちなみに、トレード歴っていうのは馬さんはどれぐらいになられるんですか?

FXで馬:まあ、ちょっとざっくりになっちゃうんですけど、まあでもほぼほぼ約10年ですね。

笹田:結構長いですね、10年というと。

FXで馬:そうですね。

笹田:ちなみにそういう投資の世界に入ったきっかけというのは、FXから? もしくは別のもの?

FXで馬:投資に関しましては、もう本当に一番最初は株ですね。

笹田:なるほど。

FXで馬:個別株ですね。

笹田:それは何か、「知人がやっていたから紹介されて…」とかっていう流れですか?

FXで馬:周りがやっていたのもありましたけど、特にね、もうその頃はライブドアさんのニュースで、日々ね…。

笹田:はいはい。

FXで馬:「株がアツいぞ」と。

笹田:はいはい、なっていましたね。

FXで馬:(笑)ありましたので、「じゃあやっとこうか」。

笹田:(笑)

FXで馬:…な、感じでやり始めたのが、もう本当に何の勉強も知識も無しに、ただただ流行に乗ってやった感じですね。

笹田:何か、聞いたところによると、結構株で損をされた、という話は聞いたんですけど。

FXで馬:そうですね。もう、ね、1千万やらね…。

笹田:(笑)

FXで馬:(笑)まあ、ライブドアさんの…。

笹田:お陰で。

FXで馬:騒動にもうがっつり巻き込まれてね。

笹田:(笑)

FXで馬:もう、そのものを持っていましたので。ライブドアさんの。

笹田:はいはい。何か、その時に株主総会も行かれた、みたいな話を聞いたんですけど…。

FXで馬:そうです。あの、もういろいろね、紙クズになって。そんなこと忘れたかった頃に思い出させるぐらいのこともね、お手紙が届きまして。「幕張メッセで大規模な株主総会があるので来てもらいたい」と。まあ、要は「分割していた株を買い戻したい」という話ですよね。

笹田:なるほどです。

FXで馬:で、わざわざもう1回、「あなたの株は紙クズ同然になりました」という説明を受けて帰って来てね。

笹田:(笑)

FXで馬:より丁寧にね、教えていただいただけの話ですよね。

笹田:実際、幾らか戻って来たんですか?

FXで馬:ええとね、もう本当に数万円やったと思います。

笹田:なるほど(笑)。

FXで馬:はい。

笹田:1千万円が…。よくでもその大損をしたところから、またそのFXというか、投資の方へ行こう、という風になりましたね。

FXで馬:元々ね、やっぱりいろんな、投資が興味あったのもありますけど、やっぱりギャンブルとかが好きやったので、株もFXもね、もう本当に初心者さんの人と一緒で、目線はギャンブルでした。

笹田:ああ、なるほどですね。

FXで馬:で、その頃は今度ね、FXが流行っていたんですよね(笑)。

笹田:はいはいはい(笑)。「とりあえず流行りに乗っかれ」みたいな。

FXで馬:「流行りに乗っかれ」というのを、FXかと。

笹田:実際その、最初って誰しも負けると思うんですけど、その負けて、どれぐらいの期間かはちょっと分からないですが、どれぐらいその負けた期間があって、専業というか、安定した利益を上げられるような時期というか…?

FXで馬:そうですね、まあ最初の頃はやっぱりずっと負けていましたね。で、とことん、もう1千何百万というお金を負けるまで、もう「取り戻そう」「取り戻そう」と思ってね、やっていたんですけど、道中でね…まあ、もちろんメインでお仕事、いっぱいやっていましたので、それにかかりきりではなかったんですけど、もうやるたびにギャンブルトレードしていましたね。

笹田:それは、見えなかったからですか? それともルールが無かったということですか?

FXで馬:そうです、もう何も根拠もルールも無用で、もう感覚のみでやっていました。

笹田:なるほど。「これは負けても仕方無いな」という感じはありますね(笑)。

FXで馬:そうですね(笑)。ようやっていたな、今まで。

笹田:本当に(笑)。実際、そのぐらいの期間ってどれぐらい続いたんですか? 負けている期間…。

FXで馬:いや、もうね、まあ途中で興味が無くなって辞めていたりとか、また思い出してはやったりとか、繰り返しながら…そうですね、2~3年はもう負けていたと思います。

笹田:なるほどです。

FXで馬:まあ、早めに気付けた方かもしれないんですけどね。まあまあ、その当時そこまで情報化社会でもなかったので…。

笹田:確かに、それはそうですね。なるほどです。

トレード手法について

笹田:ちょっとお伺いしたんですが、スキャルでされているというのはYouTubeで見ていてもお伺いしていたんですけど、今はそのスキャルをメインでされているという…?

FXで馬:いや、今はね、放送開始してからはなかなか…まあ、スキャルをお見せしているシーンもあるんですけど、今はもうデイトレですね。スイングではないですけど、デイトレですね。

笹田:ちなみにそのデイトレは、どんな手法でされているんですか?

FXで馬:もう、エントリーで、利確・損切り、その全てにおいて、根拠はもうオーダーブックというのを使ってね、やっていますね。

笹田:オーダーブックというのは僕もあまり実は聞いたことは無くて、割とここ最近知ったんですけど。多分、観られている・聞かれている方も知らない方が多いと思うんですけど、オーダーブックってどういうものなんですか?

FXで馬:まあ、オーダーブックはですね、OANDAさんという会社の、まあ大体世界の30%ぐらいのシェアを持っている会社なんですけど、そちらのオーダーブック…オープンオーダーですね、いわゆる逆指値とか、指値とか、現在含み益・含み損の未決済保有の状況とかを見られるやつですね、MT4に落とし込んで見られるやつです。

笹田:それは無料で落ちているやつなんですか?

FXで馬:そうですね、口座さえ持っていれば取引していようがしていまいが、インジケーターはダウンロードできますね。

笹田:へえ~~~~。これはちょっと面白そうですね。

FXで馬:そうですね。

笹田:実際、それを使ってどういう感じにトレードしていくものなんですか?

FXで馬:まあ、結局インジケーターですけれども、逆指値が…売り買い両方の逆指値が見えていまして、それが1ビブスから5ビブス刻みで表示されているんですけど、その逆指値の塊が多い方は両方ともある、1対1の時もあるんですけど、まあ大体はどちらかに偏ってあるんですけど、まあ為替というのは一応、人を損させるような動きがある、という性質があるので、その逆指値を取りにいくのではないか、という予測を立てやすいので、僕は採用しているんですけどね。

笹田:なるほどです。それはやっぱり、その「投資家心理」じゃないですけど、「9割の人が負けている」と一般的には言われているじゃないですか?

FXで馬:まあ、そうですね。

笹田:そういう人達が注文を入れるところを「裏を突く」じゃないですけど…。

FXで馬:そういうことですね。

笹田:うんうん、そういうのを利用して…。

FXで馬:そうです、そうです。

笹田:…稼いでいらっしゃる悪い人、という(笑)。

FXで馬:そういうことですね(笑)。

笹田:元々は、そのオーダーブックを使って抜けていったというか、そういう感じなんですか? それとも、「別のやり方で勝てるようになったけど、オーダーブックを使うことによってより安定した」みたいな?

FXで馬:そうですね、僕も本当にシンプルに水平線とか、ライントレードで、そのブレイクとか、レンジ内の間でスキャルピングとかする…元々シンプルな趣向なんですけど、でも「あのオーダーブックも凄くシンプルだな」と思って。「1回とことんやってみよう」と思って、ずっとやっている感じですね。

笹田:なるほど。そのやり方は、馬さんの生放送を見たら教えてもらえるというか、分かる?

FXで馬:そうですね。

笹田:もう無料で垂れ流ししているんですね?

FXで馬:そうです、そうです。まあ、自分が顔出し解説の時に、必ず説明もしていますし、「こんな感じで僕は思っています」というのは毎日言うてますけどね。

笹田:なるほどです。ちなみに、オーダーブックを使った今のやり方で、可能であればなんですけど、最近の成績というか、どんな感じなんですか?

FXで馬:まあ、今年に関してですけれども、良くも無く悪くも無く、という感じなんですけど。

笹田:なるほどです。

FXで馬:ただ、3月と6月に関しては月トータルのマイナスが唯一出たのが、この2ヶ月はマイナス収支で…まあ終わりましたけど、まあ、ただ年間収支ではまあまあ…。

笹田:そんなもの?

FXで馬:マイナス収支には絶対になることは無いと思うんですけれども。

笹田:はいはい。

FXで馬:まあ、平均的な感じかな、とは思います。

笹田:順調ですね。

FXで馬:そうですね。

初心者の方へのメッセージ

笹田:そうしたら、まあ初心者の方に向けてなんですけど、これからトレード、学ぶべきポイントというか、どういう風なところを学んでいくべきだと思いますか?

FXで馬:そうですね、まあ「真面目にして頑張っていこう」と思っていらっしゃる方は、まず「シンプル」に尽きると思うんですよね。まあルールもそうですし手法もそうですし、出来るだけシンプルなことで、まあ通貨ペアもね、1通貨・2通貨までにするとか、凄くシンプルな中で、それを本当にマイペースでやり続けてみて…というのがまず大事やと思いますし、その勉強していく間はいっぱい失敗もしちゃうと思うので、出来るだけ本当に…まだ勉強している段階ですから、勉強の段階でお金を失うというのは、もう有り得ないことですし…。

笹田:(笑)

FXで馬:やっぱりもう本当に極限までロット数を落として、でもデモトレードじゃなくて、やっぱりリアルトレードでずっとひたすらそれを繰り返し繰り返し、失敗もしながら、勉強されるのが一番良いかな、と思います。

笹田:これは賛否両論あるかもしれないんですけど、僕もデモトレードでやるよりは、少額リアルでやった方が良いと思っているんですよね。

僕自身もデモはやったことが無くて、負けている頃から。で、やっぱり少額リアルじゃないと、僕は緊張感を持って学べないというか…。

FXで馬:そうですよね。

笹田:デモトレやっちゃうと、何かドル円買ったらもう放置して、もう口座ほったらかしで…(笑)。

FXで馬:はい、そうですよね。もうどうでも良いですもんね(笑)。

笹田:(笑)それではあまり意味が無いかな、というのはあって。デモトレで真剣に行けるんだったらそれでも良いかなと思うんですけど、少額リアルでもコツコツとやるべき、という。

FXで馬:そうですよ。まあ、少額で入ったことによって、やっぱりリアルマネーでエントリーしたことで、いろんなことが見えて来ると思うんですよね。自分が入っているポジションがずっと含み損、1回もブルーにならない、って絶対優位性無いじゃないですか(笑)。

笹田:(笑)

FXで馬:でもエントリーしなくて、チャートだけ見ていて頭の中でそれが出来る人って、まずいないと思うんですよ。やっぱりエントリーして、ポジションを持ったことによって、「あれ? 間違ったところでエントリーしたんだな」というのが、もう最初の頃、特に見えて来ると思うので…。

笹田:はい。

FXで馬:まあ今となっては、僕とかは、その通貨の、ロコ通貨とかの、動いている状況でも頭の中で何となく分かりますけど、「ああ、危ないな、さっき入っていたらちょっと負けとったな」とかいうのも察知できますけど、初心者の人はまずそれが絶対分からないと思うので、まず小さい小さいロットでも、入ったことによって自分の損益がずっと、まあ黒字ならかなり良いところで入ったわけですし、その辺もね、やっぱりリアルトレードの方が僕は良いかな、と思いますね。

笹田:うんうん、それは凄く同感です。

 

続きはこちら↓↓↓

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です