FXでトレード初心者に失敗を勧める理由|初心者は失敗した方が絶対にいい!

なかなかないタイトルかもしれません。

普通は伝える側としては成功することを願っているものだと思いますが、
FXの初心者には失敗を推奨します!

推奨といいますか、よほど才能がない限りは自然とそうなってしまうものですが、
僕がなぜ失敗を推奨するのか?

その理由について書いていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

FX初心者が失敗した方がいい理由

失敗とは何か?


トレードで言う失敗というのも色々な定義があります。

・元金から資金を減らす
・強制ロスカットされる
・ストップロスを入れない
・ポジション量が多すぎる
・ポジション量を間違えた
・買いと思ったら売りを入れてた
・トレードする通貨を間違えた

などなど

上記で挙げたものはどれも失敗と言われるものに当たるのかなと思いますが、
ここでの失敗は感情から来るものを指します。

例えばで挙げた上のもので感情から来ない失敗はどれかというと、

・元金から資金を減らす
これはどんな凄腕トレーダーでも一時的にはあり得ます。

・ポジション量を間違えた
・買いと思ったら売りを入れてた
・トレードする通貨を間違えた

この3つは単純に操作ミスです。

元金から資金を減らすのは誰にでもあり得るので、感情面から来るものの可能性もありますが、
ここではそうでないものとして一旦扱います。

そして操作ミスに関してはデモトレの時点で潰していきたい失敗事例です。

その他の、
・強制ロスカットされる
・ストップロスを入れない
・ポジション量が多すぎる

これらに関しては感情面から来る失敗と考えられるものです。
そうではない場合もありますが、大体の場合は感情面からです。

これらを失敗としてここでは定義しておきます。

感情面の失敗をした方がいいのは何故か

相場で勝つためには相場に沿ったトレードをしないと勝てません。

この
「相場に沿う」
というのが簡単にはいかないもので、

上手くいくともっと利益が欲しいからポジション量を多くしてしまいがちですし、
損失を出したくないからストップロスを入れないというやり方を取ってしまう場合もあります。

その結果、強制ロスカットされることになります。

FX初心者のトレードで勝つというイメージからするとある意味では、
「妥協点を見つける」

ということになるかもしれませんが、
勝率100%はないので、負けを受け入れなければいけません。

僕がFX会社にいた頃でも、
損失を確定したくないからストップロスを入れずにトレードをしていた人がいて、
そういう人の大体の末路は最初は上手く利益を出せますが、
ある時に強制ロスカットされて資金をほぼ失うというパターンです。

感情面でトレードをすると勝てないのは以下の記事でも書いた通りです。

FXで勝つために値動きの原理を想像することが大事|大口の仕掛けを知るとトレードで勝てるようになる

2018年12月1日

相場は上手く初心者や負けトレーダーの感情を利用してくるので、
感情面が出るトレードでは勝てません。

とは言うものの、頭では理解できても本当の意味では分からないと思います。

少なくとも僕なら納得できません。

実際に納得いかなかったので、
トレードで連勝したらポジション量を増やしてということをしましたし、
資金を減らしたら損をそれ以上出したくないので、
ストップロスを入れずにトレードをしていました。

その結果、資金を飛ばしていました。

こういう経験をすることで初めて感情面のトレードによる痛みが分かってきます。

そういうことを経て、相場に沿うという行動に修正されていきます。

感情的なトレードが上手くいった時の修正が大変


これはもしかしたら反転するかも・・・

と思ってトレードしたら見事に反転相場で利益を得た!

という経験があったとします。

いわゆる逆張りというか、天底を引き当てたというか。。。

こういうトレードは、
本来のトレンドフォローで利益を出せるルールがあって、
ちょっとリスクかなり落として遊びでやってみようかな・・・

くらいのスタンスならまだOKですが、

ここに本気を出して取り組むと99%失敗します。

感情的に感覚的に判断して上手くいったトレードというのは本当に厄介で、
それをずっとやり続けて勝てるなら天才ですが、天才でなければ長く続きません。

必ずどこかでへこむ場面が出てきて、損失を取り返そうとしてリスクを大きくかけたり、
全然ルールに当てはまらない相場で感覚的にトレードをしたりしてしまいます。

こうなったら資金を飛ばす時期は近いですが、
こういうトレードは資金を飛ばしてもまたやってしまいやすいものです。

本人にはそこまでの自覚は薄いですが、
自分の感性で上手くいったという優越感が気持ちよくて止められません。

僕は何度も資金を飛ばしてやっと修正されましたが、しっかりとトレード記録を付けて、
「これをやったらダメだ」
というのを少ない失敗のうちから何度も刷り込んでいくのが良いです。

これを修正しないことには勝てないので、トレード記録を付けて根気よく修正を図りましょう。

まとめ


感情面の失敗について書きましたが、
本人が失敗と気づかなければそれは失敗ではないので修正されることはありません。

なので、トレード記録を付けることを絶対にお勧めします。

これをやらずにトレードで勝つのはなかなか難しいですし、
失敗と気づけないので時間がかかります。

初心者のうちは課題も多いですが、なるべく早くトレードで勝てるようになるためには
失敗をする
そのためには失敗に気づく仕組み=トレード記録を付ける

ということをやってドンドン失敗に気づいていきましょう!

合わせて読んでおきたい記事

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です