FXで勝つためにマルチタイムフレーム分析で相場を攻略する

トレードで楽に勝つためには、
損失を最小化して、利益を最大化するのが効率がいいです。

勝率もあると尚いいんですが、
勝率に頼るとしんどい世界にいくので、
損小利大でトレードをしようとするとマルチタイムフレーム分析が必須です。

その考え方について書いていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

マルチタイムフレーム分析の使い方

トレードの考え方


まずトレードに対しての考え方ですが、
「如何に面白く相場を攻略するか」

という発想があると結構楽です。

なぜなら、リアルのお金がかかってくると勝っても負けても途中の損益の動きを見ると精神的にしんどくなるので、
お金という発想で出来るだけ捉えない方向でいけると、
変な欲もなく、楽に客観的にトレードが出来ます。

ポイントとして考えるというのもよく言われますが、
ゲーム的な要素が自分の中で強くなる方法って何なのか?

・・・考えてみてください。

僕にとっては、
「攻略する」

という観点です。

どういうことかというと、
今までクリアできなかった敵と対峙したときに地道にレベル上げをしていると、
前はボロ負けしたのに今回は割と簡単に勝てたな!

ってことがあると思います。

または、なかなか勝てない敵がいて、
そいつを倒そうとしたときに相性のいい武器や防具、キャラクターに変えると、
あっさり勝てたりというのもあると思います。

とめどなく出現する相場の動きがあって、
今がトレードチャンス!

というのがゲームで言うと、ボスと戦う場面という感じになるんですが、

このボスを楽に倒すには、
受けるダメージを小さくして、与えるダメージを大きくすると勝てます。

では、相場でそれをするにはどうしたらいいか?

ということですね。

そのためにはマルチタイムフレーム分析が一番最適ということです。

マルチタイムフレーム分析を実行するために


以前の記事でも書いていますので、ご参考にしてください。

マルチタイムフレーム分析とは|損小利大のトレードを目指すために必要なこと

2018年7月2日

まずマルチタイムフレーム分析は簡単にできるんですが、
勝つためのマルチタイムフレーム分析

・大きな流れに沿って、小さな流れが合流するタイミングでトレードを仕掛けること

が必須です。

この合流ポイントを間違えると、
早々に決済

という結果になります。

簡単なようで奥が深いんですが、
僕がよく言っているのは、

日足~1時間足の大きい時間足でトレンド判断をしたら、
その時間足から2つ落とした時間足でトレードをしてみてください。

と言ってます。

何故かというと、
マルチタイムフレーム分析をしたときに失敗しやすいのが、

時間足を落としたときに、全然見え方が変わります。

大きい時間足を上位足と言いますが、
上位足がアップトレンドなのに、下位足にするとダウントレンドやレンジになっていることがよくあります。

それ自体はマルチタイムフレーム分析のメリットになるんですが、

ここで時間足を落としすぎると
・上位足のトレンドに下位足のトレンドが合流するときに仕掛ける

というタイミングが難しくなりすぎる点です。

極端な例でいくと、
月足がアップトレンドで1分足がアップトレンドになったときにトレードしたら凄まじい損小利大のトレードが出来ますが、
かなり高い確率で負けまくります。

それはもう心が折れまくると思います。

心が折れるとルールを信じれなくなって、より相場を攻略してやろうという突き詰める気持ちが失せてしまい、
・損を取り戻そうとリスクを上げる
・ルールを守らないトレードになる

などの現象が起こります。

こうなると負け戦です。

逆に時間足を大きく下げずに1つしか落とさないと、あまり見え方が変わりませんが、
見え方が変わらないということはメリットがないということにもなります。

つまり損小利大のトレードが出来ないということですね。

なので2つ落とすくらいが相場を攻略するのにちょうどいいんです。

高度なマルチタイムフレーム分析とは

上で書いた、
上位足に対して2つ落とした下位足でトレードをする

というのは一般的なマルチタイムフレーム分析ですが、
更にレベルの高いトレーダーは、

2つ落とした下位足で条件が整ったら、更に2つ落とした下位足でトレードタイミングを待ちます。

4時間足でトレンドを見て、
30分足が4時間足のトレンドに合流したら、
更に2つ落とした5分足のトレンドが合流するまで待ってトレードをする

という感じです。

そうすると上位足のトレンドに対して超下位足でトレードが出来るので、
かなり効率のいいトレードが出来るようになります。

ただ当然なんですが、攻略の難易度が上がるので、
まずは一般的なマルチタイムフレーム分析から攻略していきましょう。

まとめ


相場というゲーム攻略のためにはマルチタイムフレーム分析は必須です。

受けるダメージを小さく、与えるダメージを大きくするためにはですね。

まずは一般的な相場攻略から始めて、
それで上手く攻略できるようになったら、
更に難易度の高いところを目指しましょう!

そういう感じで、ゲーム的にとらえると楽しいものですし、
まずはその範疇でリスクも取ってトレードをしましょう。

資金入れすぎたり、リスク取りすぎたりすると相場攻略ではなく、
目先のお金の動きに左右されるので、トレード技術を磨く、相場を攻略する、
という発想にはなれません。

合わせて読んでおきたい記事

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です