FXのレバレッジとは|正しい知識とリスクとの上手な付き合い方

FXを語るにおいて切り離せないものの1つ、それがレバレッジです。

レバレッジを有効に活用することで資金を大きく増やすことができますし、その反対に大きな損失に繋がってしまう可能性があります。

レバレッジの解釈を間違う人が多いので、その点についての記載もしました。

このレバレッジを正しく知ってトレードに活かしていきましょう。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

レバレッジについて

FXでよく言われるレバレッジとは

レバレッジはテコの原理とも言われ、少ない資金を証拠金(担保)にして大きな金額を動かすことができるシステムです。

クレジットカードに少し似ていますが、カードを持っていること自体がその人のステータスの証明で信用によって成り立っていて、現金を持たなくてもカードを使って決済することができます。
少ない資金を証拠金にというのもそういうことで、その資金を信用として大きな金額を動かすことができます。

そうすると為替差益やスワップ金利による収益も変わってきて、例えば10万円を証拠金として取引をする場合に、20万円や30万円、もっと大きく100万円や200万円分の取引も可能になります。

少額で大きな利益を手にすることができるのはそのためです。

しかし、気を付けないといけないのがその反対のことも起こりうるので、大きな損失に繋がる可能性も出てくるということです。

レバレッジ取引をする人のほとんどが利益を追いかけて無茶なトレードをすることが多いですが、資金を無くしたり場合によっては破産してしまうというのはそういうことからです。

レバレッジがかかっているとはどういう状況なのか?

初心者の方はレバレッジがかかっているという状態がわからないので、知らないうちに証拠金に対して無茶な金額を保有していることがよくあります。

なのでレバレッジについてもう少し深く理解していきましょう。

レバレッジ1倍とは?

レバレッジが1倍というのは、テコの原理が作用していない状態です。
10万円を証拠金として入れて1ドル=100円の時に1000ドル保有することをいいます。

つまり入れた証拠金と同等の外貨を保有した時がレバレッジ1倍になります。

レバレッジ25倍だとどうなるのか?

上の例で10万円を証拠金として入れている場合、1ドル=100円の時に25000ドル保有することをいいます。

普通なら25000ドル保有しようとすると1ドル=100円なら250万円必要になります。
ですが、10万円を担保として250万円分のドルを保有しているということなので、レバレッジ25倍(10万円で250万円分持っている)かかっているということです。

ただこれだけ保有すると為替差益も大きく発生するので少しの上下で大変な損益が発生します。

運良く利益側に動けば大きな利益になりますが、反対方向に動けばすぐに資金がなくなってしまいます。

トレーダーとして正しいレバレッジのかけ方はありますが、それも難しいのでまず初心者の方はレバレッジは2倍、3倍くらいで外貨を保有してみるのをお勧めします。

レバレッジでよくある間違い

トレードする際には資金管理が一番大事になってきます。

資金管理についての記事

資金管理について|資金を増やす1つしかない最短の道とは

2018年8月2日

1回のトレードで資金に対して何%の損失で終わらせるか?
ということです。

これをよく勘違いしている人が多いのですが、
「何倍のレバレッジでトレードをしたらいいですか?」

というご質問をよく頂きます。

レバレッジはトレードをする際に意識することではなくて、資金管理をしてトレードをする際に勝手に決まるものです。

例えば100万円の資金があった時にドル円のレートが1ドル=100円だとします。

損切りのリスクを2%と決めていたら、100万円に対しての2%だと2万円の損切りが許容できるということになります。

その際に損切りまでのpipsが40pipsだとすると、5万通貨保有できることになります。
※計算方法については以下、資金管理の記事

資金管理について|資金を増やす1つしかない最短の道とは

2018年8月2日

5万通貨=5万ドルということは、本来500万円必要ということなので、レバレッジは5倍ということになります。

こんな感じでレバレッジは決まるので、レバレッジを意識してトレードをすると資金管理は出来ないので注意しましょう。

レバレッジが必要な状況

そう考えると実はハイレバレッジはあまり必要ありません。

ですが、海外のハイレバレッジ口座は魅力とよく言われますが、どういう時に必要かというと、

・買い増し売り増し
・損切り幅が極小の時

この2つのケースの時にはハイレバレッジが必要になります。

買い増し売り増し

最初に保有したポジションが損がない状態になった際に、新たに追加で保有できるチャンスが来ても、証拠金に資金を持っていかれて日本のFX会社のレバレッジでは追加ポジションが持てないことがあります。

しかし、海外のハイレバレッジ口座ならそれが可能なので、大きく資金を増やしたいときには必要です。

ただし、それなりに技術もないと資金は早く減るので、注意が必要です。

損切り幅が極小の時

損切り幅がかなり小さいようだとハイレバレッジ口座でなければ、損切り%に全然届かないだけしかポジションが持てない可能性があります。

例えば資金100万円で損切り幅が5pipsだとすると、損切り%が5%だとしたときに5万円の損失を許容するとなりますが、国内だと25万通貨が最大になるので、損切りになっても12500円の損にしかなりません。

そういう場合もハイレバレッジ口座なら大きくポジションが持てるので、可能だということですね。

レバレッジをかけて大損したらどうなるのか?

上で書いたとおりFXはレバレッジをかけられるので、大損に繋がる可能性があります。
損失が膨らんだ時に一定の維持率を保つため追証というのが発生します。

詳細に関してはまた別記事にしたいと思いますが、指定期限内に資金を投入すれば現在の取引は維持されますが資金を投入しなければ強制的に取引を終了させられます。

この時に担保として入れた証拠金で賄える分はそこでの損失計上となりますが、預けている証拠金以上に損失になった場合には証券会社に返済するという形になります。

場合によっては財産の差し押さえなどにもなる可能性があるので、レバレッジのかけすぎには注意しなければなりません。

投資での借金で自己破産して借金を無くすことは難しいのでしっかり知識を入れてから無理せずトレードをしましょう。

合わせて読んでおきたい記事

資金管理についての記事

資金管理について|資金を増やす1つしかない最短の道とは

2018年8月2日

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です