FXトレードで破産する人しない人、損を恐れて損する罠

FXって破産したりするんじゃないの?とか言われたりしませんか。

僕は今でも周りの友人にそういうリスクだけを捉えて話を振られたりしますが、正直なところどうなのかということをご質問も頂いたので描いていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

【動画】FXで破産する人しない人、損を恐れて損する罠

FXで破産するパターンとは

FXって破産してしまうの?


FXって破産することはあるんですか?

というようなご質問を頂いたのでそれに回答させていただきます。

FXは破産することがあります。

普通ならマージンコールというのがあって、入れている資金の何%までなら保護されるというシステムがあるので破産しないんじゃ??
と思われるかもしれませんが、破産する抜け道というか、あるんですね。

それは
・消費者金融で借金
・相場の急変動

この2つが挙げられます。

それぞれ見ていきます。

消費者金融で借金

実は僕も消費者金融で借金してトレードをしていたんですが、一切お勧めできません。

何故かというと、消費者金融で借金するってほとんどの場合がタネ銭が無くなったからという理由なんですね。

負けてタネ銭がない状態で借金して作っても、失う可能性がかなり高いです。

その状態でトレードして上手くいく可能性はかなり低いですし、メンタル的にもよくありません。

トレードは攻めな部分は確かにありますが、本来はしっかりと資金を守りつつ増やしましょうというのが健全なスタンスです。

そこに借金してとなるとかなり攻めている状態なので、損失が出てきたときにその損を確定することが出来ないのではないかと思います。

損切りしたらその分資金が失われますから、損切りを先送りにする、そうすることでより損が膨らむという感じです。

相場の急変動によるもの

2015年1月にスイス当局がそれまで約3年間、1.20は割らせない、割るような値動きがあれば介入するということで防衛していたラインを下割れしました。

スイスが介入を止めるということを発表した途端の下落です。

この下落がとんでもなく、1.20から0.96まで下落しました。

ドル円で言えば、120円から96円まで1日で動いたということなんです。

このときにどういうことが起こったかというと、1.20の下に損切りを入れていた人たちの損切り注文が入らず、そのままずっと下までいってしまったということです。

損は大きく膨らみ、1日にして1億円近くの借金を抱えた人も出たくらいでした。

この際の国内FX会社の対応としては、「損失は顧客に抱えてもらう」というものでしたが、海外のFX会社は全部ではありませんが、顧客の損失を引き取った会社がありました。

つまり顧客は入れていたお金が無くなっただけで済んだということです。

FXで破産しないためには


消費者金融で借金しないのは当然として、海外のFX会社を調べて利用するのも方法の1つかなと思います。

またユーロフランのように長らくレンジが続いているものはブレイクした時に強烈な動きをするので、そういう通貨はやらないのがいいですね。

僕は怖くて避けていました。

また2019年1月3日にあったフラッシュクラッシュもそうですが、普通に下落していたところに更にニュースが出て強烈に下落したというだけなので、買わない限りは損することはなかったんですね。

割とそういうニュース的なものも相場に織り込まれて事前に動いていることがあるので、素直に相場の動きに従うというのがいいです。

あとはリスクをかけすぎないことですね。

資金管理についての記事

資金管理について|資金を増やす1つしかない最短の道とは

2018年8月2日

ちなみにこういうことが原因で破産するんですが、FXなどの投機で借金を抱えた場合は自己破産は認知されないという話がありますが、一概にもそうは言えないそうです。

専門家ではないのでわかりませんが、悪質でなければ自己破産が適用されることもあるようなので、もしそうなったら弁護士さんに相談ですね。

損切りは絶対に行う

資金管理もそうですが、やはり大きな損を抱える人は損切りが出来ていません。

損切りについての記事

損切りについて|これが出来ない人は必ず負ける損切りの大事な4つのポイント

2018年8月9日

損切りをしないということは、傷口を放置するのと一緒で放っておいたら出血多量で死ぬこともあります。

なので早く対処をするというのが大事になるんですが、そういうケガの話と一緒で、損が小さい時に対処すると小さなケガで済みます。

勝っている人ほど小さな損で終わらせるのが上手いので、負けている人より勝っている人の方が損切りを多くしていると言えるんですね。

もちろん損切りをする根拠は必要ですが、損失を確定させることを恐れないことが大事です。

最初は怖いし嫌だと思いますが、ずっとやっていくと慣れてくるのであまり何も思わなくなっていきますよ。

まとめ


FXは破産する可能性もあるものです。

如何に資金を守りながら運用していくかが大事なので、ハイリスクでやる必要はありません。

やり方はそれぞれですが、思わぬ動きというのが必ずどこかであるので、その時に大損しないよう対処できる状態を作るのは大事ですね。

あとは損切りをしっかり行うことを徹底しましょう。

合わせて読みたい記事

資金管理については以下記事

資金管理について|資金を増やす1つしかない最短の道とは

2018年8月2日

損切りについては以下記事

損切りについて|これが出来ない人は必ず負ける損切りの大事な4つのポイント

2018年8月9日

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です