2018.8.31|ドル円・ユーロドル|米中貿易摩擦と新興国通貨の下落ニュースからリスクオフの流れ

今週円安に大きく進む展開がありましたが、いったん落ち着いて円高傾向が少し出ています。

原因としては以前から言われていた中国からの輸入品に2000億ドルの関税を来週にも課すとの報道と新興国通貨、トルコリラやアルゼンチンペソの急落からのリスクオフの流れと思われます。

いったん決済して様子を見ようという動きが表れているようで、このまま円安が進むという展開は厳しいのではと思われます。

それでは本日の相場解説です。
本日はドル円とユーロドルを見ていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

【FX】2018.8.31 ドル円、ユーロドル相場解説動画

現在の重要ポイント

  1. ドル円はレンジの可能性。
  2. ユーロドルは来週短期下落の可能性。

ドル円のチャート分析

週足チャートから

USDJPY ドル円

週足では、トレンドラインがレジスタンスになっていたところ、上に越え、再度レンジに戻り、という動きになっています。

MAに支えられている限りは上昇の可能性がありますが、下に潜り込んでくると方向感が更にわからない状況になります。

動き出すと大きく動くと思われますが、それまではどちらに行くかわかりません。

上昇すれば114円台中盤、下落すれば108円辺りを目標として見ています。

日足チャートではレンジの可能性

USDJPY ドル円

日足では、レンジの中で動いていてMAがサポートになって上昇する可能性もあれば、黄色のラインのようにレンジ継続となる可能性もあります。

下落した安値がフィボナッチリトレースメントの38.2できれいにサポートされているので、そのまま強く上がる可能性も考えておきたいですが、その場合は上の白線を越えてからパターンを見て買いを検討したいです。

おそらくは下落も限定的と想定しており、下がっても下の白線辺りでサポートされるのではと見ています。

まだレンジが続く可能性があるので、トレードポイントとしてはレンジ上限で売り、下限で買いで見ておきたいと思います。

4時間足チャートでは下落あるか

USDJPY ドル円

4時間足では、現状下落を想定しています。

ただすぐ下がるとは思っておらず、いったん戻りを作ってから下がっていくのではと見ています。

基本的にレンジの中なので、明確にいいトレードポイントは作られにくいと思いますから、わかりやすいパターンが出たら狙っていきたいと思います。

何もできなければ様子見したいと思います。

ユーロドルのチャート分析

週足チャートでは下落の可能性

ユーロドル EURUSD

週足では、強くサポートとして機能していた1.500を下に割ったものの、すぐに戻してきています。

現在はMAがレジスタンスとなっていて、上昇していくのであればこの辺りでレンジを作ってから上に越えてくれば上がるのではと見ていますので、レンジが形成されれば基本上昇で考えています。

そうならずに素直に下げてきたら下落継続の可能性があるので、どのような形状を作るかを見て判断したいです。

個人的には上昇をメインで相場を見ています。

日足チャートではレンジの可能性

EURUSD ユーロドル

日足では、画像赤線のようにレンジを作ってから上昇をイメージしています。

逆ヘッドアンドショルダーの形を作るかどうかを見ていますが、もちろんそうならない可能性も十分あります。

すんなり上がるかもしれませんし、すぐ下がっていくかもしれません。

いずれにしても、画像の想定のような動きにならなければすぐは様子見になると見ています。

4時間足チャートでは売りタイミング待ち

EURUSD ユーロドル

4時間足では、上昇してきましたが、トレンドラインを下に割れて下落の可能性が出ています。

ただすぐに下がっていくというイメージは今のところなく、いったん上昇を入れて最高値まで上昇する動きを見せた後に下落という可能性を見ています。

レンジになって下落や、すぐ下落の可能性もありますが、そうなるとトレードできるチャンスがわかりづらいので基本様子見になります。

来週以降になると思いますが、いいパターン出たらトレード狙っていきたいです。

今日の心しておきたいこと

実現するためにはそのイメージを明確化することが大事です。

勝てるトレードも同じで、自分がどこで勝負したら勝てるのかを明確化すると、勝てるところとわかって勝負できるようになります。

それを見つける、固めるために過去検証が必要になります。

多くの人が自分がどこで勝負したらいいかわからないまま、固まらないまま勝負しているので、上手くいっても失敗しても一喜一憂します。

機械のように淡々とやり続けられるということは、トータルの結果どうなるかが大体見えているので淡々とできるので、それが分からない状態で一喜一憂するのは当たり前です。

数は少なくて構わないので、自分の勝てるパターンを固めましょう。

まとめ

ドル円はレンジの可能性。

重要ポイント
  1. 方向感のない動きが続くかもしれません、現状は様子見です。

ユーロドルは来週以降下落の可能性。

重要ポイント
  1. 急上昇してトレンドラインを割りましたが、すぐ下落とはならないのでは。来週のチャンス待ち。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です