2019年3月27日のドル円分析|米長期金利の低下が一段落したことでドル買い

米長期金利の低下が一段落したことで、円売りドル買いの動きとなっています。

また仲値決済による国内輸入企業の円売りドル買いも入りましたが、そこまで大きな動きにはなっていません。

あくまで米長期金利の低下は一段落で、まだ今後下落する可能性もあるため注意しておきたいです。

それでは本日のドル円相場解説です。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!
 ↓↓↓

現在の重要ポイント

  1. ドル円は下落の可能性。今後108円辺りまで下落の可能性。

スポンサーリンク

ドル円のチャート分析

週足チャートから

ドル円 USDJPY

週足では、変わらず下落の可能性を見ており108円辺りまで下がるかもしれないと見ています。

上は114円台中盤、下は108円の間でレンジになっているので、下落するなら108円が大きな目標になると見ています。

日足チャートではダウントレンドの可能性

ドル円 USDJPY

日足では、トレンドラインを下に抜けているので下落の可能性として見ています。

現在は110円辺りでサポートされて戻っていますが、レジスタンスとしては111円辺りが強いので、そこを超えてくるとまた流れが上昇も検討しなければとなりますが、今の段階では下落方向に対しての戻りという位置づけで見ています。

なのでここから時間足を落としていいパターンが出るようなら売りを検討したいです。

4時間足チャートでは戻り売り待ち

4時間足では、戻り売りのタイミングを計りたいと見ています。

すぐトレードできるところはないので直近様子見ですが、下落の形状が出て来たらトレードを検討していきたいです。

それでは良い1日を。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です