【FX】2020年2月2日の週刊相場解説&予測|米国は中国への渡航警戒レベルを最高レベルに引き上げ、リスクオフの可能性

新型コロナウイルスが中国で蔓延していることを受けて、アメリカは渡航警戒レベルを最高レベルに引き上げました。

それを受けてダウや日経などの主要指標は下落、リスクオフの可能性があります。

それでは来週からの見通しを見ていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!
↓↓↓

スポンサーリンク

【動画】【FX】2020年2月2日の週刊相場解説&予測|米国は中国への渡航警戒レベルを最高レベルに引き上げ、リスクオフの可能性


※動画公開は17時より

現在の重要ポイント

  1. ドル円は下落の可能性。108円を割り込んだら大きめの下落にも注意。
  2. ユーロドルは下落の可能性。下落継続なら1.05台が目標。

今週のチャート分析

ドル円チャート

週足

週足では、下落の可能性と見ています。

週足トレンドラインがレジスタンスとなって下落しています。

大きく下落する可能性もあるかもしれないので注意しておきたいです。

日足

日足では、下落の可能性と見ています。

勢いよく落ちているので、今から売れる相場ではありませんが今後いいところがあれば検討したいところです。

108円辺りは過去サポートもあるところなので、目先の売りは検討しておらず、一旦動きを見て判断していきたいです。

4時間足

4時間足では、下落の可能性と見ています。

上昇するのであれば108円後半で止まってほしかったところですが、そこも下に抜けてきたので更に下落する可能性もあります。

ただ今すぐの売りは検討してないので、一旦戻りを作って下落する動きがあれば短期売りを検討しておきたいです。

これ以上強く下がるようなら目先様子見です。

ユーロドルチャート

週足

週足では、チャネルに抑えられて下落の可能性があるところです。

1.05を目指した下落となる可能性があるので、基本は戻り売りで見ていきたいところと考えています。

下落継続するようなら1.05台が目標。

上昇に関しては今後の動きを見て判断したいです。

日足

日足では、下落継続の相場と見ています。

かなり強く戻ってきたので一応上昇の可能性もないとは言えませんが、週足チャネルを上に越えるまでは下落の相場と見たいところです。

1.112辺りがサポレジとしては強いと見ているので、そこより下にあるようなら下落相場として売りも検討していきたいです。

4時間足

4時間足では、下落の可能性として見ています。

ドル売りが進んでかなり強く上がったところではありますが、今の段階は戻り売りのいいところを作っているイメージです。

週明けからの動きにもよりますが、ダウの切り下げが確認出来たら売りを考えていきたいと見ています。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です