FXとは|これからトレードを始める前に

FXとはForeign Exchangeのそれぞれ頭文字を撮った略称でFX(エフエックス)と言います。
Foreignは「外国の」、Exchangeは「為替、交換」というような意味で、外国の通貨を交換することを指します。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

FXの歴史について


そもそもは一部の金融機関しか取引ができなかったものですが、1998年の外為法(外国為替及び外国貿易法)の法改正により個人でもFXのトレードができるようになりました。

それがFXの誕生になります。

詳しく書くと、法改正されるまでは先でも書いたとおりインターバンク市場(銀行間取引市場)でしか取引ができなかったため、一部の金融機関しか取引できませんでした。

ここでいう市場とは具体的な場所があるわけではなくインターネットなどを介して成り立っている取引の集合体のことを言います。
そこで為替レートが決まる取引がなされています。

そして、法改正によりインターバンク市場と個人投資家を仲介するFX業者ができたため個人投資家でも外国為替取引ができるようになりました。

といっても直接個人投資家がインターバンク市場で取引ができるわけではないのでどのように取引ができるようになったかというと、FX業者が投資家向けに仲介サービスを開始しました。

そのFX業者に投資家が口座を開設して資金を投入することで、FX業者を通じてインターバンク市場で取引ができるようになったわけです。

2005年の金融先物取引法の改正

1998年の法改正によって個人が取引できるようになったことで、資金を運用してお金を増やそうとする個人投資家が多く増えました。

FXがブームを迎えていく時期です。

それに伴い悪質なFX業者も増え、出金できない、業者と連絡が取れない、などのような事例も増えてきました。

そこで2005年に金融先物取引法の改正が行われ、FX業者として活動していくためには審査登録が必要となりました。

最低限の資本があるのか、最低限の自己資本規制比率は守られているのか、人的構成は問題ないのかなどの確認が行われるようになったということです。

そしてそれまではFXへ勧誘するための営業が行われていましたが、同意を得ない営業活動が禁止されることになり、営業員は営業活動をするための免許が必要になりました。

当時僕はFX業者の営業員としても活動していたのですが、法改正によって営業活動が縮小されたのを覚えています。
そのため顧客からの紹介制度や、インターネット、広告を使っての宣伝活動に変わっていった時期でした。

その他にも高齢者や未成年のFX取引は基本的に禁止されたことなどから明らかに悪質な業者は淘汰され、顧客を守るための体制が作られた時代でした。

FXで利益を出す2つのアプローチ

ではFXはどうやっていくことで利益を得ていくのでしょうか。

1、為替差益について

まず1つ目は為替差益を狙っていくことです。
為替差益というのは為替相場が上下に動くことにより発生する値動きを狙った取引のことです。

アメリカに旅行に行くことをイメージするとわかりやすいと思いますが、例えばアメリカに行くときに1ドル=100円の時にドルを購入し、日本に帰国する時に1ドル=110円になっていてドルを円に換金するとドルを持っていただだけで10円得します。

実際には銀行や換金所に取られる手数料が発生しますが、そういうのを考慮しなければ上のようになります。

これを1ドル単位とかではなく1万ドル単位などで取引すると利益が大きくなるのがわかると思います。

仮に上の例で1ドル=100円の時に1万ドル購入しようとすると100万円必要になります。

そして帰国時に110円になっていて1万ドルを円に換金すると110万円になって返ってきます。
つまり10万円の利益になるというわけです。

このようにして為替の値動きを利用して利益を得ていくやり方が1つ目のアプローチです。

2、スワップ金利について

2つ目のアプローチはスワップ金利と呼ばれるものです。
スワップ金利のスワップは「交換」という意味で、金利を交換するということになります。

2018年6月現在で日本の金利は-1%ですが、アメリカの金利は1.75%になります。

その他では欧州は0%、カナダは1.25%、オーストラリアは1.5%、ニュージーランドは1.75%となっています。

このように金利差があるので他の国の高金利通貨を買って日本の低金利通貨を売ると差額の金利分が利益になります。

2005年当時ではオーストラリアの金利が約5%もあったのに対して、日本の金利はほぼ0%だったので、日本円を売ってオーストラリアドルを買うことでスワップ金利で利益を上げていた人が多くいました。

投資する資金が大きければ大きいほどスワップ金利も大きくなるので生活も出来てしまうほどでしたが、金利も変動するものなのでほどなくして利益があまり得られない状態になり、為替差益を考えるとマイナスになってしまう人も出てしまったのでスワップ金利を期待しての過度な投資は禁物です。

このような2つのアプローチでFXでは利益を得ることができます。

FXのメリットとデメリット

FXのメリットとは

24時間取引ができる

FXの相場は土日以外は基本的に24時間取引可能です。

サラリーマンの方など忙しくて夜しか見れないという方でも取引可能なので、ライフサイクルに合わせた取引が可能です。

手数料が低い

外貨取引の代表的な金融商品に外貨預金がありますが、外貨預金に比べて外貨を手に入れる手数料がかなり低いです。

ドル円の場合、外貨預金だと1円くらいの手数料は普通にありますが、FXだと1銭を切ります。

およそ100分の1の手数料で取引が可能なので、利益を上げやすいというメリットがあります。

注文が通りやすい

相場は相対取引なので、買いたい時に売りたい人がいないと売買が成立しません。

FXの場合はドル円だと2018年現在で9000億ドルもの取引が毎日行われているので、注文が通らないということがあまりありません。

思ったところで注文が通るのでストレスなく取引を行うことができます。

少額から取引可能

FXにはレバレッジという仕組みがあり、少額を担保に大きな資金を取引することができます。

1万円などの少額でも参加可能なので、誰でもFX取引には参加しやすい敷居の低さがあります。

FXのデメリットとは

レバレッジが高いというリスク

少額で大きな金額を動かせるということはそれだけ損失が発生する可能性があります。

小さな値動きで想定以上の損失になる可能性があるので、ハイレバレッジには気を付けなければいけません。

見ていないときも動くリスク

24時間相場は動くので寝ている時でも取引したものが損失になっていく可能性があります。

気になって眠れないなど生活リズムを狂わされたり、仕事が手につかないなどということがあるので取引のやりすぎや、大きな取引をしすぎないよう注意しましょう。

FX会社倒産のリスク

法改正されるまでFX会社が倒産したら預けた資金が返ってこないというトラブルがありました。

法改正により信託保全の仕組みができて、金融庁に登録されたFX会社は顧客から預かった資金は信託銀行に預けられるので、もしもの時は信託管理人が間に入って顧客に資金が返還されるようになっています。

ただこの信託保全の仕組みは海外の業者にはない仕組みなので、そこを理解しておきましょう。

まとめ

FXを始める前にどのような利益になる可能性があるのか、またはどんなリスクがあるのかを理解しておきましょう。

リスクに関しては全て明記されているので知らなかったでは通りません。

リスクの可能性を知ることが一流トレーダーへの第一歩です。

上記のことは必ず理解しておきましょう。

合わせて読んでおきたい記事

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です