【FX】2019 12 1の週刊相場解説&予測|米中関係は市場は楽観的な見通しか、リスクオンの可能性

香港人権法案にトランプ大統領が署名するなどで米中関係の悪化が懸念されていましたが、現状としては米中貿易交渉は順調であるという市場の認識と思われます。

そのため米中関係は良い方向に進むだろうという楽観的な見通しからリスクオンの状況となっています。

それでは今週の見通しを見ていきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!
↓↓↓

スポンサーリンク

【動画】【FX】2019 12 1の週刊相場解説&予測|米中関係は市場は楽観的な見通しか、リスクオンの可能性


※動画公開は17時より

現在の重要ポイント

  1. ドル円は上昇の可能性。110円辺りが目標。
  2. ユーロドルは下落の可能性。1.05台が目標。

今週のチャート分析

ドル円チャート

週足

週足では、上昇の可能性と見ています。

逆三尊を形成しているので上昇の可能性がメインで、もしかしたら大きく上がるかもしれません。

ただ下落もまだ警戒しておきたいので、節目割ったら注意したいですね。

日足

日足では、上昇の可能性と見ています。

ウェッジを形成していましたが、下に抜けることなくレンジを作って上昇しています。

前回高値も越えたので上昇の可能性とみていますが、
気になるのは落ちてきたときにどこで止まるかです。

前回高値を超えたものの、明確に超えたという感じではないので下落調整が入る可能性があります。

それが109円辺りで止まれば上昇継続で見れますが、更に落ちるようだと下落していく可能性もあるかもしれません。

まだどっちとも断言しがたいので、注意はしておきたいです。

4時間足

4時間足では、短期下落としています。

かなり強く上昇してダブルトップのような形状を作っています。

形状や状況から一旦下落が入る可能性もあるので、短期的な売りは考えておきたいところです。

なので、更に時間足を落として短期売りも検討していいのかもと考えていますが、週明けの動きを見て判断したいですね。

ユーロドルチャート

週足

週足では、下落の可能性と見ています。

下落継続で1.05台が目標と見ているので、売り方向で考えておきたいです。

日足

日足では、下落方向で見ています。

ダブルトップからネックラインまで戻って、そこから下落が進んでいるので売り方向で見ています。

ただ前回安値で止められていて、一旦上昇があるかもしれないというところなので、その上昇が1.10辺りの高値を超えるとダウントレンドが怪しくなるので注意しておきたいです。

4時間足

4時間足では、短期上昇として見ています。

ドル円と逆相関にあるので一旦上昇があってもおかしくないかなと考えています。

日足でも見た通りですが、強く上がりすぎるとダウントレンドが消える可能性もあるので、
ダウントレンド継続なら1.105辺りがレジスタンスとして機能するかどうかで見ておきたいです。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です