2019年3月11日のドル円分析|ブレクジットに関する動きに注視したい

ドル円に関しては特に目立った動きはなく、パウエル議長の金利に関する中立的な発言に対しても特に反応はありません。

やはり明日から始まるブレクジットに関する投票が注目です。

2回目の議会採決になりますが、これが否決された場合はメイ首相が辞任するとの報道もあり、欧州通貨の動きには注意したいです。

それでは本日のドル円相場解説です。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!
 ↓↓↓

現在の重要ポイント

  1. ドル円は短期上昇の可能性。112円辺りまで上昇の可能性。

スポンサーリンク

ドル円のチャート分析

週足チャートから

ドル円 USDJPY

週足では、大きな節目は変わらず上昇すれば114円台半ば、下落すれば100円辺りを目指す可能性を見ています。

上昇して114円台半ばまで行くようなら118円台までの上昇も今後出来てくると考えられるので、そうなれば基本買いで考えておきたいですね。

ただ下落の可能性もないとは言えませんので、今後の動きを見て判断していきたいです。

日足チャートではサポートに到達

ドル円 USDJPY

日足では、目標と見ていた111円辺りまで下落となりました。

この辺りはサポートが強いので、そのままの勢いで下落が続く想定はしていません。

現状ではアップトレンドでもあるので基本は買いで考えておきたいです。

そうすると過去レンジ高値に到達している今は買い場とも考えられるので、時間足を落として買いのポイントを探っていきたいと見ています。

1時間足チャートでは上昇の可能性

ドル円 USDJPY

1時間足では、日足サポートに到達しているので買いのパターン待ちで見ています。

画像のようなイメージで一旦高値を超えてからパターンが出れば買いで入っていきたいと見ています。

どこまで伸びるかわかりませんが、アップトレンドであれば112円台やそれ以上伸びる可能性もあるので動きを見つつ伸ばしていきたいと思います。

それでは良い1日を。

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です