【FX】フィボナッチを使ったトレード手法の考え方

フィボナッチをトレードに活かすのはごく一般的ですが、どういう風に活かすと効果的かについて記載しました。

手法の部分についても触れていますが、そこよりも大事なのはどう考えてフィボナッチを利用するか?です。

考え方の部分を抑えながら手法もご参考にして頂けると、爆益になるオリジナルの良いトレードが出来るかもしれません。

詳細を記事の前に応援クリックお願いします!
↓↓↓

スポンサーリンク

【動画】【FX】フィボナッチを使ったトレード手法の応用編

フィボナッチを使ったトレードの考え方

フィボナッチとは


フィボナッチは色んな人が使う便利なツールですが、フィボナッチは色々なところで機能する、
自然界の法則、黄金比率といわれています。

レオナルド・フィボナッチというイタリアの数学者が発見したもので、
台風の目やカタツムリの甲羅、人間の体の形成のされ方も、フィボナッチ比率によって成り立っていると言われています。

自然界のものや多くの人が自然だと思うもののすべてがフィボナッチ比率によって成り立っていると考えられていて、
そのバランスのものが美しいと感じるように出来ています。

相場もそういう意味では、多くの人が介入することによって成り立っているので、フィボナッチ比率が機能すると考えられています。

個人的には最初はそれが機能する根拠が曖昧なので信じていませんでしたが、機能するので今は利用しています。

フィボナッチを使う目的

フィボナッチは主にフィボナッチ・リトレースメント(以下フィボナッチ)というのが使われますが、「押し」や「戻し」のことでいわゆる調整を差します。

ですので、フィボナッチを引くことによってどこまで押し戻りがありそうかを見るということですね。

例えばこちらの画像ですが、黄色丸の高値から安値に向かってフィボナッチを引くことでどこまで戻りがありそうかを見るためのものですが、
赤丸の50%の辺りで反発して下落していってます。

これは一例ですが、いろんなところで引いてみるとわかりますが、
トレンドが出ている相場でフィボナッチを引くと結構きれいに効いたりしますので、押し戻りを見るのに便利なツールです。

フィボナッチはどの時間足でも選ばず機能するので、ご自身が使う時間足で引かれてみるといいかなと思います。

あとは目標値設定としても使えるので、そちらについては後で記載します。

マルチタイムフレーム分析を使う

フィボナッチを使って大きい時間足の調整を見て、小さい時間足でタイミングを計ると大きな利益幅が取れます。

つまり損小利大のトレードをしようとするのでマルチタイムフレーム分析は必須です。

あとでトレードの仕方の一例については記載しますが、
マルチタイムフレーム分析は必要なのでまだご存じない方は、下の記事をご参考にしてください。

マルチタイムフレーム分析についての記事

マルチタイムフレーム分析とは|損小利大のトレードを目指すために必要なこと

2018年7月2日

エリオット波動の3波、c波を狙う

エリオット波動について、色々と相場を見ていくと奇麗に当てはまっている部分と、微妙な部分、全然当てはまってないと思う部分があると思います。

ですが、相場の流れとしてほぼ必ず起こるのが、
トレンド転換してからの3波、c波は発生します。

ほぼ必ず起こる、ここは狙っていきたいところだということです。

狙いどころとしては2波の調整が終わって、これから3波目が起こるところの初動を捉えるという考え方ですね。

その2波の調整が終わるであろう目途をフィボナッチで付けておいて、ターゲットもフィボナッチで付けておく。

エントリータイミングについては人それぞれありますので、そのパターンをマルチタイムフレーム分析を使ってトレードをすればいいという考え方です。

エリオット波動についてはこちら

【FX】エリオット波動理論とは|エリオット波動の解説とフィボナッチを使った目標値の計算方法

2018年8月27日

-61.8%をターゲットに使う

あまり聞きなれない方も多いと思いますが、-61.8%はよく到達するポイントになります。

こちらの画像ですが、画像最安値から上昇の1波で、調整に入っている2波の最安値から最高値にフィボナッチを引いています。

そうすると上に-61.8%というのが表示されていますが、ここが目標値として到達しやすいということですね。

これに関しては興味ある方はぜひ過去検証されてみてください。

また-61.8%の設定については、この記事上部にある動画の方をご参考にしてください。

トレードの考え方

フィボナッチを活かしたトレードの考え方としては、
・エントリーを2波の初動
・決済を-61.8%に

ということになります。

例えばこの相場の場合でしたらトレンドラインが奇麗に機能しているので、それをブレイクした赤丸で買い
ターゲットは-61.8%、損切りは直近安値となります。

こういう感じでのトレードが可能だということですね。

まとめ

フィボナッチのターゲットは相場が到達しやすいところを教えてくれるので、それを目標にエントリーや決済を考えることが出来ます。

勿論、フィボナッチに当たったからトレードというのではなくその他のローソク足の動きから来る根拠などは必要ですが、それと上手く合わせることで、
勝率の高い損小利大のトレードが出来ます。

ぜひ考え方の部分をご参考に、今後のトレードに活かしてください。

合わせて読んでおきたい記事

マルチタイムフレーム分析についての記事

マルチタイムフレーム分析とは|損小利大のトレードを目指すために必要なこと

2018年7月2日

エリオット波動についてはこちら

【FX】エリオット波動理論とは|エリオット波動の解説とフィボナッチを使った目標値の計算方法

2018年8月27日

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です