サラリーマンがFXで勝てるようになる取り組み方|どのような時間の使い方、手法がいいのか?

サラリーマンの方がどうやってトレードを進めていったらいいかは勉強会などをしていてよく聞かれるポイントです。

時間がない中、どうやったら効率的に最短で勝てるようになるのか?

この辺りが気になる方が多いと思います。

僕自身の経験とトレードを伝えてきた経験を元に、ある程度あなたに知識があることを前提で書いていきますので、ご参考にしてください。

詳細記事の前にクリックお願いします!
 ↓↓↓

スポンサーリンク

サラリーマンがFXで勝てるようになる取り組み方

サラリーマンがトレードで勝つためにするべき手順

1、ルールを決める

まずはトレードのトリガーとなるルールを決めることです。

ルールを決めないと適当なエントリーになってしまうので、まずはここをしっかり固めておかなければいけません。

例えば高値更新で買い、安値更新で売りなどのシンプルなものでもいいですが、僕が推奨するのはチャートパターンです。

チャートパターンについては詳細記事を書いておりますので、そちらの記事をご参考にしてください。
チャートパターンとは|2種類のパターンとトレードで勝てる使い方

なぜチャートパターンがお勧めかというと、明確な判断基準があるからです。

ローソク足の集合体としてチャートパターンが作られますが、曖昧な形ではなくこうなったらチャートパターンというものがあるので、それに沿ってトレードをすることが出来ます。

この形が曖昧であると、決めた通りのルールで進められないので、ある程度明確な基準があるチャートパターンがトリガーとしては簡単で通用しやすいためです。

2、トリガーの過去検証をする

これをやらない人がかなり多いです。

過去検証をしない人がトレードで勝てるようにはなれません。

現在勝っているトレーダーがやってきた標準作業なので、その標準に乗っかれなければ当然勝てないので、資金を失うくらいならトレードは辞めたほうがいいです。

過去検証とは何をするかといいますと、トリガーを決めたらそのトリガーが過去の相場でも通用しているかどうかを見ていきます。

過去検証でチェックする項目としては、
・トレードルール
・通貨ペアと時間足
・エントリーした日時
・エントリーレート
・買いか売りか
・決済日時
・決済レート
・取引量
・勝敗
・勝率
・獲得pips
・獲得損益
・連敗数
・資金が一番多いときからの最大ドローダウン%
・トレードしたところの画像

この辺りがあればいいでしょう。

例えばこちらで用意したような検証用エクセルです。
検証用エクセル

このまま使っていただいてもいいですし、自分なりに改良を加えていただいても構いません。

何のために過去検証をするかというと、そのパターンを数をこなすことで自分に落とし込むことと、どれくらいの連敗数やドローダウンがあるのか、または勝率がどれくらいあるのかを理解することです。

連敗数、ドローダウンがわからないと、今後も通用するトレードルールを途中で止めてしまうからということと、勝率がわかるとどれくらいの期待値があるのかもわかります。

またデモトレなどで実践すると必ずといっていいほど検証の勝率からは落ちますが、30%以上などの大きな差があるようだと検証の仕方に問題があるというのがわかりますので、修正点が見えてきます。

またそのトリガーの勝ちやすい相場というのが必ずあるので、それを探しながら過去検証をしてみましょう。

勝ちやすいところだけでトレードが出来るとより勝率が高い勝負が出来るので、メンタル面でも楽にトレードをし続けられます。

検証の際は都合のいい検証になっている可能性があるので、MT4で検証する際はF12を押しながら1つずつ先送りするなどして検証するといいでしょう。

過去検証は勝てるトレーダーの必須科目なので、必ず時間を割いて取り組みましょう。

3、デモトレードで実践して過去検証との差を確認する

ここで大事になってくるのが、ちゃんと決めたルール通りに行うことです。

最低1か月はやってみることです。

デモトレードでも利益が出ているからといって、ルールと違った決済をしてしまう人が多いですが、それをしてしまうと改善点がわからなくなります。

利益が出ていればOKとなりますが、それが安定的にこなせる決済なのかどうかですので、その時の雰囲気によるようだと安定的に決済していくのが難しいのでよくありません。

デモトレードで勝てれば確かにモチベーションは上がりますが、目的はデモトレードで勝つことではないので必ずルールに沿ってデモトレードを取り組むことが大事になります。

デモトレードで1か月は勝てるようならリアルトレードに移行してもいいでしょう。

4-1、デモトレードで勝てたら少額リアルトレードで実践

リアルトレードになるとメンタル面で負担が大きくなります。

実際の資金が変動することによって、メンタル面がぶれることも考えられますし、それによってルールが守れなくなることも考えられます。

そうなったときに大きな金額と取引量でやってしまうと大きな損失に繋がる可能性があるので、まずは少額から始めていきましょう。

そしてリアルトレードに移行した際には必ずトレード日記をつけていきましょう。

トレード日記は検証用エクセルの項目に加えて、トレードしているときの気持ちを記録すると効果的です。

リスクの取り方が合っていなければドキドキした気持ちがずっと続きますし、資金の減り方もそれに比例するように減っていくので間違っているのがよくわかります。

上手くトレードが出来ているはずなのに、いつまで経っても慣れることが出来ずに感情が揺らいでいるとリスクの取り方が間違っているか、負けを取り戻そうと変なトレードに走っている、ストップが近すぎて怖いなど、色々な原因が見えてきますので、少しずつ問題点を潰していきましょう。

そうしてうまく勝てるようになっていけば資金を増やして運用していくとメンタル面にあまり無理なくトレードを行うことが出来るようになります。

4-2、デモトレードで勝てない場合の修正の仕方

僕はチャートパターンを取っ掛かりとしては推奨していますがチャートパターンを変な解釈をしていたり、それ以外のルールで行った場合に検証と実践をしたときに大きな差が出ることがあります。

要は都合のいい検証をしてしまっていると実践で再現できない可能性があります。

ルールによってはそうなっている可能性があるので、厳密に確認してそうであれば再検証してデータを取り直す必要があります。

検証に問題ない場合は、環境認識を組み込んだ場合に大きく改善できる可能性があります。

そのルールがトレンド相場で勝ちやすいルールならトレンド相場になるところで使う、レンジ相場で勝ちやすいルールならレンジ相場で使う、ということです。

ではどういうときにトレンドが出てきやすいかというと、レンジをブレイクしたときです。

それまでレンジを作って力を貯めたところから放たれると相場が勢いよく動くことが多いので、そういうところがトレンド相場の始まりとしてわかりやすいです。

レンジ相場はというと、トレンドのある相場が続くと次にやってくるのはレンジになるので、トレンドが続いている状態ではまだ相場が伸びるという根拠がないとレンジになる可能性が高いと考えたほうが無難です。

どんなトリガールールでも勝ちやすい相場の状況というのがあるので、それを選べれば勝てないということがありません。

あとはそこで、あなたが実践しやすいルールかどうかになってきます。

実践しやすかどうかは数をこなすことによってわかってくるので、やってみてということですね。

効率的で最短な道は何か?

サラリーマン FX
これについての回答は正直ありません。

人それぞれ向き不向きがあり、それは経験していって見つかるものなので答えを出すことが出来ません。

親が子供を育てるのに少し近い部分がありますが、自分の子供がどうやったら成功できるのかは、子供が興味を持っていて向いているものを見つけて、それを伸ばしてあげることです。

どうやったらそれが見つかるのか・・・・難しくありませんか?

ということです。

トレードにおいては敢えていうならば、ひたすら数をこなしていくことです。

数をこなして経験をしていくと成功体験も得て、自分の得意なものが見つかっていきます。

チャートパターンは多くの方にとって成功体験を得やすいと経験上感じているので僕はお勧めしていますが、それも人それぞれですので絶対の答えではありません。

これは可能ならいい指導者を見つけて、数をこなして自分の得意なものを見つけていくしかないと言えます。

勝てるようになる過程での問題点

モチベーションの低下

勝てるトレーダーになるというのは、いつ出口が見えるのかわからない迷路で彷徨うことに似ています。

ですが、1つ1つ失敗を重ねてあなたにとっての回答を見つけていかないと答えは出てきません。

時間のかかる作業ではありますが、試行錯誤をしてこれを重ねることで出口が見えてきますし、勝っているトレーダーはみんなそれを経験して乗り越えています。

ただ、その間にモチベーションが低下することも当然あります。

これは仕方のないことで、これもみんな通る道ですが、モチベーションを上げるためにはトレーダー仲間を作ることや、出来ることなら自分よりトレードが上手な師匠的な存在を作るのがいいです。

トレードが下手な人で集まっても傷の舐め合いになってしまうので、目先のモチベーション低下は防げますが成長スピードが遅くなってしまうのでモチベーションの低下が頻繁に訪れます。

なるべく自分より上手な人と付き合うようにしましょう。

検証をする時間がない

検証をする時間がないという人がいますが、実際のところはそんなことはありません。

寝る時間を削れば検証する時間は必ずあります。

大体の場合ここで足りてないのは決断の差です。

本当に決めてやっている人はやるしか選択肢がないので、時間がないのではなく意識が向いてないだけです。

一気に1日3時間とか割いてやる必要はないですが、少しずつ進めていけばいいです。

1日30分、または1時間はやる!と決めてしまえばそれは絶対になるので、それだけのことです。

稼ぐ気持ちが本当にあるならやらない理由がありません。

トレード日記をつけるのが面倒なども同じことです。

まとめ

サラリーマン FX
ここで書いたこと以外でもやった方がいいことはありますが、最低限これだけはやっておかなければというのを書きました。

これまで独学でFXを取り組んできた方にとってはまあまあの作業量だと思いますが、例えば人の資金を預かって運用するという立場になった場合に適当なことでは取り組めないと思います。

勝たなければならないというプレッシャーがありますし、そうでなければやっていけません。

それが自分の資金なら適当でもいいということなら、やはり勝てるようにはなれません。

そうなるとやるしかないのですが、やると決断してやっていけば必ずいい方向で答えが出てきます。

どの世界でもそうですが、最終的に決めたことをやり続けることが出来る人だけ残っていけるものです。

この記事を読んで、あなたがトレードの世界で活躍できるのを期待しています。

まとめポイント

  1. 手順を踏んで勝てるようになるまで継続すること
  2. 勝てるようになるまでやり続けると決断してやること

合わせて読んでおきたい記事

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをクリックお願い致します





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


2 件のコメント

  • こんばんは❗
    わかりやすくて、励まされました。
    2回目の検証提出に向けて頑張ってますが、仕事から帰ってご飯の用意をすると、日中の猛暑にやられてバタンキューですヽ(´o`;
    決めたことをやり続けること、ですね。 
    がんばりますねっ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です