淡々とトレードが出来るようになるためには|勝つためにあるべき感情と行動の方向とは

淡々とトレードをするという状態は、負けているトレーダーからすると理想形に近いと思います。

勝っても負けても、あまり感情を揺さぶられないということなので、
特にブレることなくやり続けられます。

つまりこれは勝っているトレーダーの精神状態ということですが、
こういう状態になるためにはやるべきことや通るべき道があります。

それについて記載していきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

淡々とトレードをするために必要なこと

メンタルのブレを直すためには


まずあなたがトレードをしたときにメンタルがブレブレになるのは何故でしょうか?

・ポジション量が多すぎる
・トレードに自信がない

まあ、大体この2つのどちらか、または両方が当てはまると思います。

ポジション量が多すぎる

これは明らかにトレードでお金を増やしたい欲が原因です。

トレードは人間にとっては矛盾だらけの世界で成り立っています。

お金を増やすためにトレードをしているわけですが、お金を増やそうとするなら、
・トレード回数を増やす
・ポジション量を増やす

このどちらか、または両方をするのが基本の負けパターンです。

トレード回数は増やしても、やればやるほど負けたら資金の減るスピードが増すだけです。

ポジション量を増やすのも同じですが、負けた時に大きく減るのでそこでメンタルがブレますし、
これは負けた時だけではなく、勝って資金が大きく増えた場合もメンタルがブレます。

勝つと興奮状態になって負けるまで止められない、そして負けて大損するパターン
負けるとその金額を取り返そうと熱くなってポジション量を増やすループパターン

どちらの場合も結局は負けるループに入っていきます。

こうならないためには、まずポジション量を減らしましょう。

ポジション量を減らすと退屈な感じになりますが、
最初の淡々とするためには、をやるためにはそっちが正解です。

勝っているトレーダーは興奮したい、失った資金を取り返したい、
という気持ちでトレードをしているわけではなく、
資金を増やすために淡々とトレードをしています。

「お金を増やしたい!」

という気持ちが出たら、大体不正解の行動をしだすので注意してください。

なぜなら負けているトレーダーが本能を出したら負ける行動を取るからです。

トレードに自信がない

これが一番時間がかかる厄介な問題です。

トレードで勝たなければ自信は生まれませんが、
自信がないとトレードで勝てない・・・。

鶏が先か、卵が先か。

永遠答えの出ないもののようですが、
この矛盾の扉をこじ開ける方法はあります。

厳密に書くと、
1、トレードで勝ち続けるためには自信が必要で、
2、自信を得るためにはトレードで勝つという成功体験の積み重ねが必要です。

いわゆる専業トレーダーが1の方で、
そうなれる入り口を開けだしたのが2の方です。

1は最終的に目指すべきところ
2は試行錯誤してやっと勝ててきたかな?という状態

を指します。

なので、まずは2の状態に持っていくことが先になりますが、
この成功体験の積み重ね方も重要です。

成功体験が偶然に手に入ったものだと意味がありません。

なぜならすぐ崩壊するからです。

しかし、自分自身でトレードルールを構築して、そのルールに沿ってトレードをした結果、
トータルで勝てているという状態なら2に入っていける可能性が出てきます。

目指すべきは2ですね!

成功体験を積み重ねるためには

成功体験と言っても、まぐれ勝ちなどもありますので、
正しく成功体験を積み重ねることが必須になります。

では正しい成功体験とは何でしょうか?

正しい成功体験とは、決めたルールで結果を出すことです。

ルールは以下記事でも提供しているのでご参考にしてください。

負けトレーダーから勝ちトレーダーに変わる方法|①メンタルのセットアップと資金管理について

2018年10月23日

負けトレーダーから勝ちトレーダーに変わる方法|②勝ちやすいトレードルールの紹介

2018年10月29日

もっとトレード回数を増やしたいという方は、以下メルマガでトレードした際に紹介していますのでご登録ください。
トレード大学メールマガジンのご登録はこちら

僕はヘッドアンドショルダーで成功体験を積み重ねたという話を別記事で書きました。

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|③師匠との出会い

2018年10月10日

今も使いどころによって通用しますが、2005年、2006年当時は本当にヘッドアンドショルダーがよく効いていました。

少し話がそれましたが、
まずはルールを決めて過去検証をして、それを繰り返すことによって実際に結果が出てくると、
「このルールをやり続ければ勝てるんだ」
という自信が出てきます。

その自信が出て来たら揺るがないように固めることが大事なので、
ひたすらそのルールをやり続けます。

あまり感情が揺るがないようになるまで続けたらトレードルールとして確立されます。

そこまでいけたら一安心ですね。

努力のエスカレーター

努力のエスカレーターという言葉がありますが、
エスカレーターを逆走することをイメージしてください。

逆走してエスカレーターを登り切るにはそれなりのスピードで駆け上がらないと上まで到達できません。

スピードのない人はどうなるかというと、想像のとおり登ることが出来ません。
つまり結果が出ないということです。

何事も結果を出すために集中して努力をする期間が必要で、それをやり切れたら休んでも崩れにくくなります。

エスカレーターでいうところの逆走して踊り場にたどり着いた状態です。

FXだと1つのルールを確立する状態です。
ここまでやり切ってみましょう。

まとめ

トレードを淡々とこなすためには成功体験の積み重ねが必要ということですね。

メンタルを鍛えるという話がありますが、メンタルを鍛えても結果が出なければメンタル崩れます。

どちらかというと、メンタルよりはまずトレード結果が先ですね。

そのためにはルールを1つに決めて、そこから打開していくことが大事です。

1つのルールに絞るのは面白くないので、それをやり続けるためのメンタルが必要と言われればそうですが、
目的がトレードで勝つためなら、何度もトレードで負けて上手くいかないとなると、
1つに絞る重要性が分かってくると思います。

色んなルールを取り組むと突破口が見えてこないのでルールを絞ってやりましょう。

そうすると全然トレードが面白くないですが、その面白くない方が正解です。

ギャンブル要素が一切ない証拠なので、それで進めていきましょう。

それが出来れば淡々とトレードできる日は近いです。

合わせて読んでおきたい記事

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です