ダイバージェンスにおけるMACD(マックディー)の見方を解説

ダイバージェンスでMACDを使うのが主流になっていると個人的には実感しています。

昔はRSIやストキャスで見る人が多かったんですが、今はそうでもないのかなという感じがします。

この記事を最後まで見ていただくと、MACDについてより深く知ることが出来て、裁量トレードで勝つためのヒントも見えてきますので、
ぜひご自身のトレードの糧にしてください。

それではダイバージェンス時のMACDの見方や仕組みについて解説していきます。

詳細記事の前に応援クリックお願いします!^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク

【動画】ダイバージェンスにおけるMACD(マックディー)の見方を解説

MACD(マックディー)の見方や仕組みを解説

MACDのメリット


MACDを使うメリットとしては反応が鈍いので、精度が高いということです。

RSIやストキャスだと反応が早すぎて微妙なものまでダイバージェンスとして判断してしまいます。

数が多いとそれだけチャンスが増えるということではありますが、
ダイバージェンスは質の高いところで数をこなせば、オシレーター系インディケーターを使わなくても、
「あ、これダイバージェンス出てるな~!」

という感じでローソク足を見ただけで分かるようになってきます。

インディケーターの表面的なサインに頼るというよりは、本質的になぜダイバージェンスが起こるのか?

を捉えていくと見なくてもいいようになるんですね。

ただ、それがイキナリできるかというと出来るわけがないので、数が少なくても精度が高いMACDでダイバージェンスを見るのを個人的にはお勧めします。

「量より質、質を高めたらそのあとに量をこなす」

個人的にはどんな分野でもその方向がベターかなと考えています。

ダイバージェンスで使うMACDの仕組み


MACDは2つのEMAで出来ています。

デフォルトだと12EMAと26EMAになります。

EMAは指数平滑移動平均線というものになります。

MAの解説はこちら

FXでよく使われる移動平均線(MA)とは|移動平均線の種類と使い方を知ろう

2018年7月9日

MACDについて解説した記事も載せておきます

MACDとは|MACDの成り立ちと正しい使いどころについて

2018年8月6日

この2つのEMAをチャート上で表示すると以下のような感じです。

黄色が12EMAで短期の指数平滑移動平均線、赤色が26EMAで長期の指数平滑移動平均線になります。

更に図に縦線と右下に赤丸を入れた画像が以下です。

縦線を入れた位置は何を表しているかというと、ゼロラインを割った位置を表示しています。

ゼロラインというのは右下に赤丸で囲いましたが、MACDの上下の境目になるところです。

これを割るということは2つのEMAが完全にクロスするところになるんですね。

そもそもMAというのは価格の平均値を表示しているものなので、その2つの平均値が重なるということは
・ボラティリティがない
・トレンドの変わり目

のどちらかということになります。

そして、反対に2つのEMAが乖離があるということは
・ボラティリティが高い

ということになります。

まずはこれを覚えておいてください。

ダイバージェンスが起こる仕組みとは

ダイバージェンスは価格が上がっている、または下がっているのに対してMACDはそれを逆行する動きをしたときに起こるものです。

そのダイバージェンスが起こる状況を見てみると、以下の画像のような状況です。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、EMAとEMAの乖離の大きさを赤丸で付けました。

左側の赤丸の部分がMACDのボリュームが高くなっていて、また一時的に安値も付けているところです。

右側の赤丸の部分もMACDのボリュームは高いですが左側ほどではなく、けれど安値は左側より下で付けています。

つまり、安値は更新しているけれどMACDのボリュームは小さくなっているという状態です。
2つのEMAの乖離が収束しているということなんですね。

これまでほどの下落の勢いがなく、下落が緩やかになっているためこういう現象が起こります。

これがMACDから見たダイバージェンスが起こる仕組みなんですね。

まとめ


ダイバージェンスが起こる際のMACDの仕組みが分かっていただけたのではないかと思います。

こういうのも分かっておくと、最終的にはインディケーターを使わずとも相場が反転する状況が見えたりもします。

それはつまりエントリーポイントとしても使えますし、決済ポイントとしても使える指標が出来上がります。

表面上だけを捉えていると自動売買のようにしかトレードが出来ませんが、もっと深いところを突いていくと、
「こうなった時にトレードしたらいいんじゃないか?」

という感じで、見えてくるものがあります。

そうすることによって自分のトレードパターンが出来上がって、トレードが楽になっていくので、
初心者には難しい話ですが、トレードを経験していく過程でそういう方向は必須なので、
その一助になればと思います。

合わせて読んでおきたい記事

ダイバージェンスについて

FXのダイバージェンスとは|反転が分かるテクニカルサイン

2018年7月17日

トレード手法の1つを公開

本当に勝てる!FXトレードの鉄板パターンは何?|鉄板パターンの1つを紹介します

2018年11月17日

超初心者の僕がトレードで勝てるようになった経緯

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い

2018年10月2日

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





LINE@で限定動画を配信中!

トレード大学のLINE@にご登録頂けたら、サイトやYoutubeの更新通知が受け取れます♪

さらに!

今だけLINE@登録者全員に限定動画をプレゼントしています。

「初心者や中級者が必ず失敗する その事例と改善方法とは?」

投資を始めた初心者の方、少し利益を出しはじめた中級者の方が、必ずと言っていいほど失敗してしまうポイントがあります。「投資は稼げない」「投資は危険」といっている人の、多くが陥る落とし穴とは?

その改善方法もお伝えしています。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です